2005年04月23日

ムーニーバレーRC賞結果

ムーニーバレーRC賞結果.bmp

川井五郎.bmp

1着はケージーツヨシ
トウカイエンゼルの引っ張る形で、この距離にしては速い流れとなりました。
そうなればこれまでから長くいい脚を使っていたこの馬のものです。
向正面で5番手から3番手に押し上げると、4角手前で早めのスパート。
ラストも35.4とバテることなくシッカリ伸びました。
順調にトライアルからダービーに進めば、府中のタフなコースで更に粘りを増す事でしょう。

2着はエキサイトラン
熊沢騎手が負傷の為、和田騎手に急遽乗り替り。
ここ2走は終いの甘さが目立ちましたが、今回は最後まで粘りが効きました。
この馬の戦績を見ると、掲示板に載っているのは札幌と京都。
阪神では6着止まりと、どうやら平坦向きのようです。
同じトウカイテイオー産駒スターイレブンがそうであったように、この馬も腰の甘さがあるのでしょうか。

3着はチョウノゾミ
武豊Jが初めて騎乗した今回は、後方待機から4角でのマクリという競馬。
そしてやはりスーパージーンの弟、ラストは切れました。
今回は前の止まらない馬場に泣きましたが、開催後半になれば当然巻き返すでしょう。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新緑賞結果

新緑賞結果.bmp

秋谷嘉之.bmp

1着はディーエスハリアー
前走と同じく中団からの競馬。
ある程度の位置での競馬が身に付いてきたようで、直線渋太く伸びました。
東京コースでもタフさは相変わらずで、今後に向けても視界良好です。
次はプリンシパルSで権利取りでしょうか。

2着はアクレイム
セントポーリア賞に続き、またしても直線で窮屈な位置取りになってしまいました。
今回もそのあたりが終いの伸びに影響したのか、ディーエスの上がり時計に敵いませんでした。
ダービー出走の夢は遠退きましたが、2ヵ月間続く東京開催は始まったばかり。
今度こそスムーズな走りを期待したいです。

3着はコンラッド
今回は中団からの競馬。
4角で少し仕掛けが遅くなったのが勝ち馬との差でしょうか。
前走が味のある競馬だっただけに残念。
しかしながら終いで切れる脚を使うのは証明できました。
次走も注目です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムーニーバレーRC賞

ムーニーバレーRC賞.jpg

ホーマンファラオ
前走の新馬戦ではスタートから先頭に立ち、直線で後続を突き放すという強い内容。
開幕週の馬場もこの馬にとっては有利でしょう。
マイネルセレクトで復活の兆しが見られる「華麗なる一族」からクラシック戦線に殴り込みを掛けます。

チョウノゾミ
配合からは速い流れでこそという印象ですが兄にスーパージーンがおり、あながちスローが駄目とも言えません。
実際、出遅れた梅花賞では直線鋭い脚を見せました。
今回は武豊騎手が初騎乗で、新たな一面が窺えるかもしれません。

ラドランヴァリュー
今回唯一関東からの参戦。
地方からの転入後チグハグなレースが続いていますが、ゲートさえスンナリ出れば鋭い切れ味を使えます。
京都巧者本田優ジョッキーの手腕に注目です。

ケージーツヨシ
実力的には一枚抜けている存在ですが、いかにもパワーで押し切るといったタイプ。
阪神から京都に替わるのはプラスとは言い難く、早めのスパートが鍵となりそうです。

キングプログレス
前走は混戦を内からスルスルと抜けて3着。
久々に好走しました。
距離が延びて良さが出てきた模様。
スローでどうかまだまだ未知数ですが、早めの進出で馬場を見方に付ければ好走もありそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新緑賞

新緑賞.jpg

レイズユアドリーム
前走の山吹賞はほぼ勝ちに等しい2着。
ラスト3Fで使った34.0の切れ味は当に絶品でした。
それだけに直線の長い東京コースなら、更に威力は増すはずです。
トライアルからダービーに向かうには、ここは負けられません。

アクレイム
中山での近2走は意外な足踏み。
その前のセントポーリア賞では出遅れたうえに、直線で前が詰まる不利。
それでいてラスト3F34.1で纏めているのですから、スンナリならもっと切れていたはず。
馬場が前残りのようなら、レイズユアドリームよりも優位に立てます。

コンラッド
初勝利に3戦を要しましたが、前走では好位で長くいい脚を見せ付けました。
タフな東京コースなら更に上昇も見込めます。

ディーエスハリアー
前走スプリングSでは4着と、力のあるところを見せました。
スローペースも得意ですが、どちらかといえば前走のような淀みのない流れが合っているようです。
好走は可能だと思いますが、勝ち負けとなると厳しい気がします。

ヴェルティージュ
前走の山吹賞は脚を余して6着。
それだけにコース替りはプラスに出そうです。
ただ相変わらず脚の使い処が難しい馬。
嵌れば勝ち負けまでありそうですが。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。