2005年04月17日

皐月賞結果

皐月賞結果.bmp

金子真人.png

1着はやはりディープインパクト
単勝1.3倍の圧倒的1番人気に推されるも、スタート直後まさかの躓き。
しかしここからが並みの馬とは違いました。
4ハロン目で一旦流れが落ち着いた事もありますが、3角付近で既に11番手。
このあたり、武豊ジョッキーがいうところの"兄ブラックタイドにおいて引き出せていないギア"なのかもしれません。
勝利インタビューでの「飛んでいるカンジ」は当にそう。
初めて3分3厘から手綱を扱かれましたが、ラスト3F34秒フラットで余裕のゴールインでした。
過去に出遅れて皐月賞を制した馬はいるのでしょうか?
ジャングルポケットですら2着止まり。
既に昨年の春を賑わした、同じ勝負服のキングカメハメハのスケールを超えています。
言わずもがなダービーの行われる東京競馬場は向くはずですし、ナリタブライアン以来11年振りの3冠馬はほぼ手中にしたと言えます。
それどころか無敗でそれを達成すらしてしまいそうです。

2着はシックスセンス
1月に不良の京成杯を最速の上がりで2着し、
前走の若葉Sは出遅れて4着も2番目の上がり時計をマークしているのですから、
今回の34.2の末脚も驚けません。
厳しい流れでの素晴らしい切れ味こそ、姉のインコグニートや全兄ノーブルフォースの覚れなかった"第六感"なのでしょう。
四位騎手とタキオンを送り出した長浜厩舎の陣営が期待を込め、
入念に追い込みや馬込での競馬を教え込んできた結晶がここで花開きました。
ディープインパクトが流す後ろに映る、四位騎手のガッツポーズが何よりもそれを表していました。
9RベンジャミンSを勝ったシルクネクサス同様、小回りで素早くギアを切り替えられたのは内包するDanzigの血のなせる業。
後方集団からの見事な直線一気でした。
馬場の広い府中となると血統的には厳しそうですが、この末脚は長い直線で更に威力を増す事でしょう。

3着はアドマイヤジャパン
ゲート入りを嫌い、出遅れを想像させられましたが、
好発からスルスルとロスの少ない内ラチ沿い3番手へ。
このあたり、ようやくセンスの良さに目覚めてきたように見えました。
後方集団が進出を始めた4角手前でも内目でジッと我慢し、ゴーサインを待ちます。
直線では前半での消耗が堪えたのか、一度は抜け出すもジリジリとしか伸びず。
それでも規格外の競走馬ディープインパクトに正攻法で立ち向かっての結果なら仕方なしでしょう。
またシックスセンスと同じ競馬をしていても、後方で燻ぶってしまったローゼンクロイツらと同様の結果に終わったはず。
これを誤った策とは思わず、ダービーでも果敢に先行してもらいたいと思います。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 23:12| Comment(0) | TrackBack(10) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪うさぎ賞結果

雪うさぎ賞結果.bmp

サンデーレーシング.png

1着はジャズファンク
単勝3番人気に支持でレースを向かえました。
ゲートが開くと2番人気のエイシンサンバレー、4番人気のクィーンマルトク、
更には1番人気のピクシーダストが競り合う展開に。
直後でそれを見ながら進んだ本馬は、それらが共倒れするのを待つのみといった感じでした。
4角あたりで先頭に取り付き、直線で抜け出し。
この馬も前半で消耗した分は終いが甘くなりましたが、村田騎手の好騎乗でした。

2着はオースチンローズ
13番人気の低評価も、上がり3F35.5の最速タイムでクビ差まで詰め寄りました。
速い流れでの雪崩れ込みは脚質こそ違えど、さすがマイネルアルバの妹。
今後も嵌れば怖い存在です。

3着はリメンバードリーム
最後方からのマクリも3着まで。
先着された2頭には完敗です。
それにしても毎回後方から。
何もそこまで追い込みに拘らなくてもと思います。
好位に付けられるようなら活路は見出せそうですが…。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンジャミンステークス結果

ベンジャミンステークス結果.bmp

シルク.png

1着はシルクネクサス
逃げるケイアイを離れた2番手で追走。
この馬が無理に競らなかったことで流れが落ち着きました。
4角手前で仕掛け、ラスト3Fのタイムは34.2。
デムーロ騎手のゴーサインが出た時の反応が素晴らしく、なるほどグラスワンダー産駒といった感じでした。
これまでの印象を払拭するような内容で、今後も小回りで活躍しそうです。

2着はケイアイヘネシー
前が有利というトラックバイアスがあったにせよ、果敢に逃げて前半36.8・後半35.1で纏めたあたりは流石。
この馬も小回り、京都なら内回りが良さそうです。
中京の白百合Sあたりに出てくるようなら、今回同様に好内容のレースが期待出来ます。

3着はメガトンカフェ
流れが落ち着いてしまったのが、この馬にとっては大きな誤算。
どちらかというと自身もそうですが、他力本願なところの多い兄弟。
シルクとは対照的に、肝心な仕掛け処で置かれてしまいました。
田中勝春騎手のレース後の談話にその悔しさが滲み出ています。
こんなことならいっそ、ハナを叩いてしまえば良かったなという感じでした。
これでローテ的に、ダービーへの出走は厳しくなりました。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はなみずき賞結果

はなみずき賞結果.bmp

キャロットファーム.png

1着はコメディアデラルテ
今回は前走よりもかなり後ろからの競馬。
3〜4コーナー中間点から一気に進出し、アドマイヤサンサン以下の追撃を振り切りました。
決勝線手前でヨレてトウカイトリックの進路が狭くなり、審議の対象に。
前走の直線では不利を被ったようですが、むしろこの馬にも非があったのかもしれません。
いずれにせよ手綱を扱かれた時の癖は悪そうで、今後の課題となります。
また位置取りが前走ぐらい前なら、もっと楽な競馬が出来たのではないでしょうか。

2着はアドマイヤサンサン
馬体重は前走比20kg増の476kg。
成長分も確かにあると思いますが、やはり追い不足だったのか。
肝心の仕掛け処でワンテンポ遅れたのも、それが影響したように思います。
最速タイの上がりを使いながら2着。
次走での巻き返しに期待します。

3着はコウエイマーブル
こちらは勝ち馬とほぼ同時に仕掛け、同じ上がり時計。
それでは追いつけるはずもありません。
コメディアデラルテ同様、いつもより後ろで最後方。
マクルのであれば、仕掛けはもう少し早い方が良かったと思います。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。