2005年04月16日

皐月賞

皐月賞.jpg

ディープインパクト
前走弥生賞でもムチを使わず、大外を一気に駆け抜けました。
初めて本格的に追ったものの着差以上のインパクト。
馬群を割るのがどうこう言われていますが、必ずしも後方待機策を取るとは限らず、
先行でもすれば怖さ≒強さは更に増すはずです。
たとえ初めてムチを入れる事になっても、この馬は規格外。
トップでゴールを駆け抜ける事でしょう。

アドマイヤジャパン
弥生賞では確かに一杯々々に映ったかもしれません。
しかしこの馬もムチを入れられてはおらず、見せムチでした。
恐らくソラを使わないよう、横山典ジョッキーが走りに集中させたのでしょう。
ただ今回はディープより外、それも8枠の16番。
好発から先手を取れば前走同様の接戦は出来るでしょうが、出遅れるようならジ・エンドです。

ダンスインザモア
今週の追い切りも沈み込むような、素晴らしい走り。
風貌からも凄さが伝わってきます。
鋭い末脚はここでも上位。
ただディープとの勝負となると前走のように内へ潜り込んだり、何らかの策が必要です。

アドマイヤフジ
寒竹賞でダンスインザモアに先着し、シーザリオに敗れたものの一番強い内容。
中山云々と言われていますが、この1番枠はむしろロスなく走れる分プラスだと思います。
母アドマイヤラピス譲りの持続力、早めから進出できるようなら面白い存在です。

コンゴウリキシオー
初戦でディープインパクトに完敗、前走もパッとしませんでした。
しかし逃げが予想されるビッグプラネットのハナを叩いて行くようなら、ディープとの差は詰めれるはずです。
3走前のくすのき賞は後続に大きく差を付け、尚且つ余裕の手応えでした。
速い流れなら、なかなかバテないと思います。

ペールギュント
距離に限界がありそうなのは確かですが、ここならまだ守備範囲。
前走は外を回って6着と、1番人気を大きく裏切りました。
しかし追い込みの巧みな池添Jへの乗り替りで、大きくパフォーマンスを上昇させてくるはずです。

タガノデンジャラス
エンドスウィープ産駒という事もあり、短い距離も使われてきました。
しかし距離を伸ばすにつれ、パフォーマンスが上昇。
前に付けたこぶし賞に目を瞑れば、平均ペースで常時34.8の末脚を使っています。
ジョッキーが比較的外を回る事が多いので難しいのですが、
馬群を割ってくるようなら上位争い可能です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 23:36| Comment(0) | TrackBack(6) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪うさぎ賞

雪うさぎ賞.jpg

エイシンサンバレー
休み明けの前走、僅差の4着はさすが。
伊達にマイネルレコルトと戦ってきた訳ではありませんでした。
ひと叩きで上昇を示しており、先行激化のここならアッサリ差し切りです。

クィーンマルトク
前走の君子蘭賞では14番人気の低評価に反発するかの如く、逃げ粘って4着。
君子蘭賞の上位組がれんげ賞で揃って好走しており、この馬もここで上位争いです。
強力な同型がいますが、何とか格好は付けてくれるはず。

リメンバードリーム
すでに9戦とメンバー中、最多タイのキャリア。
中でもフェアリーSでは離れた7着も、素質の片鱗は見せています。
前崩れの展開ならこの馬の一気が決まりそうです。

ピクシーダスト
ここまでダートを2回使いましたが、全兄がフサイチイチロー。
芝は問題無いでしょう。
あとは同型との兼ね合いです。

ジャズファンク
休み前は3度走り、全て掲示板を確保。
速い時計勝負が鍵となりそうですが、福島と相性の良いサクラバクシンオー産駒。
初めてのコースでどれだけやれるか楽しみです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はなみずき賞

はなみずき賞.jpg

コメディアデラルテ
昇級後の格上挑戦、さらに初めての芝だった前走の毎日杯が上々の内容。
上がりの3Fこそそれほど目立ったタイムではありませんが、先行策から持続力のある脚を使って5着。
切れ味自慢の馬がいない今回は堂々の主役です。

アドマイヤサンサン
時計や脚質でコメディアデラルテと天秤に掛けられる能力の持ち主。
ただ速い追い切りがあと1、2本欲しかったというのが本音です。
それは休み前と今回の追い切りを比べれば一目瞭然。
ラストの伸びは不満の残るものでした。
とはいえ、黄菊賞のような走りが出来れば接戦は可能です。

ナムラコウラン
美浦の田村厩舎から新規開業の矢作厩舎へ転厩。
今回がその初戦となります。
ただデビュー戦以来減り続けた馬体がどこまで回復しているか。
それでも陣営は内容の濃かった新馬戦と同じ逃げの手を表明しており、
今の阪神の馬場状態を考えれば粘り込みが無いとは言えません。

コウエイマーブル
切れ味が無くとも、前で流れに乗ればすみれSぐらいの競馬が可能です。
ただ現状はそれが精一杯といったところ。
勝ち負けまではどうかと思いますが、多少の見せ場は作れそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンジャミンステークス

ベンジャミンステークス.jpg

メガトンカフェ
前走は驚きの逃げの手。
最後までチョウサンと接戦を演じ、僅差の2着。
それまで後方からの競馬でしたが、それほど切れるという脚は持っていないのでここでも前々の競馬になりそうです。
この馬の最大のセールスポイントは最後までシッカリ伸びる粘り強さ。
先行が激化しそうな今回、それがフルに活きてくるはずです。
ここを勝ってプリンシパルSで権利獲りという青写真通りに進みそうです。

トウショウアタック
半兄は重賞で連続2着と活躍しているトウショウナイト。
Storm Birdの出る牝系で、馴染みのあるところではビワシンセイキがいます。
本馬はそのビワシンセイキと大方血統構成が似ています。
サイアーラインはフォーティーナイナーが一つ代を経ている事で芝に対応できているようですし、
コチラの方が母系にRibot系のJava Goldを挟んでいる分パタッと止まってしまうような単調さがなく、レース終盤での粘り強さがあるようです。
休み明けだった黄梅賞が上々の内容、前走も展開次第で複勝圏内に顔を出していたかもしれません。
今回はチャンスありと見て良さそうです。

ドラマチックテナー
まだ適性が掴みきれていない馬ではありますが、ここも後方一気が通用しそうな気がします。
前走は勝ち馬がダンスインザモア。
出遅れはしましたが、出遅れた上での不良馬場の上がり3F36.4は評価に値します。
中間の動きも良く、波乱があるとすればこの馬でしょう。

シルクネクサス
前走の若葉Sでは逃げて5着。
チグハグなレースの続いていたこの馬としては上々の内容だったように思います。
ただお終いは甘くなってしまいましたので、現状はパワーアップが必要といったところ。
今回も厳しい事に変わりはありませんが、上手く同型を捌ければ。

ケイアイヘネシー
この馬もこの所期待ハズレ。
ただ今回は武豊ジョッキー、何らかの秘策があるかもしれません。
これまでの実績を加味した上で注意が必要です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 21:56| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

れんげ賞結果

れんげ賞結果.bmp

岡田美佐子.png

1着はコスモフォーチュン
前走チューリップ賞からは14kg増も太目感はなし。
道中は逃げるフミノマイヒメを見る形で楽に追走。
直線を向くとスッと抜け出し、圧勝でした。
連闘で橘Sへ向かうのか、葵Sまで待つのか次走が気になります。
来週出走するようなら、昇級でも上位争いは可能でしょう。

2着はナリタシークレット
中団から進み直線伸びましたが、勝ち馬の脚の方が上。
ここは完敗でした。
ただ思ったよりユッタリした流れだったので、次走の流れ次第では引き続き期待できます。

3着はヴァーチュ
行くでもなく控えるでもなく、今日は中途半端な位置取りでした。
いっその事、腹をくくって逃げるか追い込むかに懸けた方が良かったのか。
今回は能力での負けではなさそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桜草特別結果

桜草特別結果.bmp

シンボリ牧場.png

1着はシンボリグラン
やはり距離短縮で変身。
それほど速くはなりませんでしたが、スムーズな折り合い。
3角からマクリ始めると、ラストは33.4の末脚で豪快に差し切りました。
この距離なら昇級しても大丈夫、そう思わせる内容でした。

2着はナチュラルメイク
今回は番手からの抜け出しではなく、3分3厘あたりから先頭を奪う積極的な競馬。
着差こそハナ差でしたが、作戦を間違えた感があります。
いつもの位置取りなら、シンボリの追撃も凌げたのでは?
次走も引き続き中心です。

3着はリトルスポーツカー
初めての芝に少し戸惑ったのか、スタートも含め道中の行き脚が悪かったように思います。
東京のきれいな馬場で再度出直しです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:26| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。