2005年04月10日

桜花賞結果

桜花賞結果.JPG

大澤繁昌.bmp

1着はラインクラフト
好発からまさかの5番手ポジション。
モンローブロンドの作ったHペースを追走し、直線抜け出すと34.7の脚でアタマ差凌ぎました。
考えてみれば同じ父のスイープトウショウと違い、デビュー以来好位でもレースができた馬。
スイープやフォーカルポイントと同じ父という事で後方一気のイメージが何時の間にか植えつけられていたのは私だけでないはずです。
次のオークスでは厳しいレースになるでしょうが、叔父アドマイヤマックスも距離をこなしているので、そう心配する必要も無さそうです。

2着はシーザリオ
3角でダンツクインビーが進出した際窮屈になり、少し下げざるを得ませんでした。
それでいてアタマ差、それも34.4の最速で駆け上がっているのですから恐れ入ります。
次走オークスではラインクラフトより距離有利との見解で、恐らくダントツの1番人気になるでしょう。

3着はデアリングハート
4番手を終始追走し、いち早く抜け出したのはこの馬。
最後まで辛抱強く伸びました。
また傾向的にDanzigの血を持つ産駒は不思議とこの条件で好走しています。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:12| Comment(0) | TrackBack(4) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滝桜賞結果

滝桜賞結果.JPG

サンデーレーシング.png

1着はアップドラフト
後方集団でレースを進め、4角あたりから一気の進出。
最後は37.5の末脚で後続の追撃を凌ぎました。
これまで使った決め手はやはり本物。
また展開が速くなっても、それを繰り出せる事がハッキリしました。
昇級しても即通用です。

2着はナイキウェルカム
後方からの競馬で、ラストは最速の37.4の末脚。
ただ勝ち馬より仕掛けが遅くなった分、そのまま着差に出てしまいました。
また、これまでのように先行抜け出しの競馬の方が良いように思います。
ともあれ、このクラス卒業も時間の問題です。

3着はセフティーステージ
好位からの競馬でよく粘りましたが、先にゴールした2頭との実力差は否めませんでした。
今回は相手が悪かったのですが、引き続きこのクラスで好走は可能です。
出来れば前々走のような走りをしてもらいたいです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忘れな草賞結果

忘れな草賞結果.JPG

サンデーレーシング.png

1着はジェダイト
予想通り2番手からの競馬。
粘る2着馬を交わすのにやや手間取りましたが、堂々の勝利です。
このあとは直接オークスに挑むのか、それともトライアルで出走権を確実なものにするのか。
いずれにせよ、次の本番に向け内容のある競馬でした。

2着はブリトン
やはり距離が伸びても粘り強く走りました。
欲を言えば、もう少し飛ばしても良かったかなと。
そうすれば後続の追撃も抑えられた可能性があります。
恐らくトライアルに向かうのでしょうが、速いペースで引っ張る馬がいなければ、自ら飛ばしていくのも一つの手ではないでしょうか。

3着はコスモマーベラス
スタートが悪かったわけでもありませんでしたが、一旦後方に下げての競馬。
直線では今までに無かった34.5の末脚で3着に滑り込みました。
それが今後通用するかといえばそうではなく、新たな戦法で挑む必要がありそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山藤賞結果

山藤賞結果.JPG

後藤繁樹.png

1着はスイートアリッサム
コスモスパーブが4番手に控え、予想外のスローペース。
そうなればこの馬にとって願ったり叶ったりで、後方集団から34.0の決め脚を使いました。
着差以上に強い内容で、次走以降も楽しみです。

2着はドクターグリム
好位から直線抜け出しこの馬も伸びましたが、勝ち馬の方が上手。
流れが落ち着いた事も影響したのでしょうが、次走も引き続き上位争いです。

3着はコパノスイジン
番手の競馬で前走若葉Sからの巻き返し。
時計面で課題が残り、現状スローを前で粘る戦法がベストでしょう。
次走以降も展開の助けが必要です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュージーランドトロフィー結果

ニュージーランドトロフィー結果.JPG

ラフィアン.png

1着はマイネルハーティー
重賞戦線ではあと一歩の競馬が続いていましたが、ようやく嬉しい初タイトル。
それもHペースをラスト3F34.4という、一頭だけ別次元のタイムで快勝でした。
最後方で我慢してどこまで切れるかと思っていましたが、力で捻じ伏せる結果に。
次走は当然NHKマイルCですが、陣営からは「再度、内田博Jで。」という声が聞こえています。

2着はイヤダイヤダ
好位からレースを進め、最後まで渋太く粘りました。
前走での勝ちっぷりは本物でした。
正直ここで通用したのは驚きでしたが、流石サニーブライアンの仔とうい印象です。
本番では厳しいと思いますが、掲示板なら何とか確保出来るかもしれません。

3着はインプレッション
コースは違えど、10年前に母の制したこのレースで好走。
中団より少し後方から差して来ましたが、本来の競馬では無かったはずです。
本番で前目に付ければ、もう少し巻き返せると思います。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アザレア賞結果

アザレア賞結果.JPG

大沢毅.png

1着はマルブツシルヴァー
初の芝となりましたが、本馬場での調教で見せた怪時計の通り、ブッ千切りで1着。
スローペースを2番手で折り合い、最後は34.7の最速タイで上がってきました。
それでいて手応えは残っており、後続は届くはずもありません。
遅い流れも問題ないようですが、これまでのダートでのレースっぷりからは速い流れで更に変身が見込めそうです。

2着はニシノカエデマル
前走あざみ賞で見せた新戦法はここでも通用しました。
現状はこういう走りがベストのようで、このクラスなら引き続き好勝負可能です。

3着はトウショウパワーズ
中団からよく伸びて34.7の末脚を使いましたが届かず。
切れてこの程度なので、今回は位置取りが悪かったと思います。
前に付ければもっとやれる馬です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山吹賞結果

山吹賞結果.JPG

西川清.png

1着はニューヨークカフェ
いつもより前目の中団で抜群の手応え。
スローペースで落ち着いた流れを、ラスト3F34.5で競り勝ちました。
正直、今回も後方待機策と思っていただけに驚きのレース内容。
次走以降の活躍は、今回のような位置に付けて走れるかに懸かっていそうです。

2着はレイズユアドリーム
前走は出遅れて後方で進めざるを得ませんでしたが、何と今回も後方待機。
ラストは34.0の末脚で詰め寄りましたが、ハナ差及ばず。
正直、勿体無いレースをした気がします。

3着はアクレイム
今回は4角あたりでやや紛れがあったのは確かですが、明らかに能力での敗戦。
ここは仕方なしです。
今後の活躍は新たな策で挑むなど、何らかの工夫が要りそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滝桜賞

滝桜賞.JPG

ナイキウェルカム
1番人気を背負った前々走の飛梅賞こそ前半34秒台の速過ぎる流れに泣きましたが、35秒〜36秒台なら鋭い決め手を発揮します。
また距離が不安視されていますが走ってみなければ判りませんし、むしろ1400mとローカル1700mは連動するような傾向にありますのでそう悲観する必要は無いでしょう。

ウルフボーイ
安定感ならこの馬。
速くなっても粘り強く、特に休み明けは3、1、3、2着。
ここも好勝負可能です。

アップドラフト
これまで4戦はユッタリしたレースが中心。
先行激化で速くなると自慢の決め脚が使えるかどうか。
近親にティンバーカントリー、ドバイミレニアムのいる血統なら、楽にここを突破するかもしれません。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忘れな草賞

忘れな草賞.JPG

ジェダイト
前走フィリーズRでは、この馬に速い流れでの逃げ粘りを期待しましたが5着。
それほど速くない上がり時計から、適性はスローの前粘りに絞れたと思います。
事実、昨年の赤松賞では桜花賞出走馬でフェアリーSを制したフェリシアに勝っており、更にはエルフィンSでエアメサイアに肉薄しました。
となれば、ここでは当然最上位という事になります。

オリエントチャーム
この馬もスローだった紅梅Sで34.5の決め手を使っていますが、同じタイムを後方から使ったらどうなるか。
当然追い付けません。
ただ出遅れ癖が気になるも、五分に出ればそれ以上のものを発揮する可能性はあります。

シンシンマーキー
10戦目にしてようやく未勝利を脱出しましたが、ジョウノビクトリアやダンツクインビーといった重賞好走馬と接戦を演じています。
またジョウノに敗れた時は、トップスピードに乗れる直線の短い中京で35.2。
それ以来の落ち着いた流れですので、直線の長い阪神ならそれを詰めてくるのは当然です。
ただラストタイクーン×タマモクロスという平坦向きの傾向のある種牡馬が重ねられているのが心配材料です。

ブリトン
ジェダイト以上に決め手の無いこの馬にとっては、前半でいかに貯金ができるかが鍵です。
いっそのこと平均ペースで引っ張れば、人気馬に一泡吹かせる事は可能。
幸四郎Jの手綱捌き次第で大波乱もあります。

リヴァプール
どんな展開でも確実に差して来るのが、この馬の真骨頂。
ただどちらかといえば、速い流れの方が切れるようです。
今回も好走は可能ですが、勝ち負けには他馬の手助けが必要です。

コスモマーベラス
この馬も想像していたより切れません。
ですのでジェダイト同様、先行粘り込みがベスト。
デムーロJが終いに懸けたりしなければ良いのですが。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山藤賞

山藤賞.JPG

ドクターグリム
前々走から好位に付ける競馬を試み、この2走はともに差の無い3着。
しかも勝ち馬がダンスインザモア、ミスターケビン。
1番ゲートという絶好枠を引き当て、直線で抜け出しを図ります。
馬群を割る競馬もしているので、インで包まれても問題無いはずです。

カゼノユクエ
昇級後はあまりパッとしませんが、平均ペースでの切れ味は随一。
カウンタックが取り消した事で9頭立てとなり、馬群を捌きやすくなったのは確かです。

スイートアリッサム
ここまで5走スローペースしか経験した事がありませんが、前走では出遅れて追走に脚を使いながらも3着。
流石一線級を相手に好走しているだけの事はあります。
これなら速い流れにも対応できるのではないでしょうか。

コスモスパーブ
今回は楽に先手が取れそうで、持ち前の粘りを活かす絶好の機会です。
前々走だけの終いの脚が使えれば好走可能です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。