2005年04月03日

伏竜ステークス結果

伏竜ステークス結果.JPG

大和商事.png

1着はダイワキングコン
ワールドアベニューらの引っ張る速い流れを好位の内目でジッと我慢。
デイフラッシュが早めにマクるも、4角まで追い出しを待ちました。
最後はデイフラッシュと同じ39.3の上がり時計でしたが、ある程度前にいたのと内を回ったのが功を奏し、粘り強く競り勝ちました。
再来週の皐月賞にも登録し、再度芝に挑むようです。

2着はデイフラッシュ
前述の通り、3角からのマクリ。
最後までバテることなく伸びましたが、半馬身及ばず。
少し位置取りが後ろ過ぎましたか。
とはいえ、このクラスでは引き続き大将格です。

3着は人気薄シベリアンライオン
後方待機策で他馬がバテるのを尻目に直線一気。
今回は上手く嵌りました。
ただ前の2頭には大きく離され、次走勝ち負けとなるとどうでしょうか。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひめさゆり賞結果

ひめさゆり賞結果.JPG

ビッグ.png

1着はビッグタイガー
後方からレースを進め、3分3厘からのマクリ。
トップスピードに乗ると、最後の3ハロンは35.0という他の馬とは別次元の脚を使いました。
この馬が嵌った事は確かですが、さわらび賞のレースレベルが高かったという事でしょう。
この後は連闘でNZTか、それとも中1週でベンジャミンSか判りませんが、平均以上の流れなら上のクラスでも好勝負可能です。

2着はエアサバス
出遅れが響いたのも確かですが、中京記念のトレジャーといい今回といい、鹿戸Jは馬の特徴を考えて乗っているのかどうか…。
斬れる脚のないこの馬にとってはあの位置取りはナンセンスです。
期待の懸かる良血馬、今後は北村宏司Jで期待したいです。

3着は内からグイッと伸びたキングプログレス
キングヘイローの仔も辛抱強さが目立ちますね。
しばらくこのクラスでの戦いが続きそうですが、位置取り如何では引き続きチャンスはありそうです。
角田騎手の好騎乗が目立ちました。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミモザ賞結果

ミモザ賞結果.JPG

サンデーレーシング.png

1着はレースパイロット
スタート直後は後方、向正面で仕掛けると最後まで長く脚を使いました。
外を回った事もありますが、思ったよりクビ差と際どい結果に。
もう少しパンチ力が欲しいように思います。
ただ長くいい脚を使ったという事は、オークストライアル・本番の行われる東京コースでの上昇の余地を残したという事になります。

2着はイエローパピヨン
中団でジッと我慢し、直線弾けるように伸びました。
アグネスワールドの産駒としては異例の2000mでの好走には驚き。
もう少しスパートが早ければとも思いますが、逆にダメだったかもしれません。
その辺りの適正がまだ掴みきれていないので、次走以降も注目したいと思います。

3着はセリーナトロフィー
終始逃げるタマヒカルに絡む走りでしたが、よく粘りました。
Buckpasserのクロスからダート向きだと思っていましたが、そのクロスが辛抱強さを与えていたようです。
マイルあたりのもう少し忙しい距離なら、このクラスで押し切りも可能だと思います。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーガレットステークス

マーガレットステークス.JPG

ロードマジェスティ
今回は1400mで行きたがる馬も多く、57sの斤量も展開は向きそうです。
阪神コースとも相性は良く、オープン2勝目は目の前です。

コパノフウジン
前走のクリスタルCは意外にも平均ペース。
更に出遅れ。
それでも2着に粘ったのは粘り強さがあるからでしょう。
早い流れの予想される今回、より粘りが生きてきそうです。

アイルラヴァゲイン
出遅れに加え、向正面での不利が最後まで堪えた前走。
それでも3着まで踏ん張ったのは流石。
ただこれまで平均ペースより速い流れは未経験。
そのあたりが不安です。

ツルマルフェロー
なかなかアテにし辛い馬ですが、今回はチャンスかもしれません。
ジリで後ろからだと伸びず。
しかし今回は兄ファイター同様に手の合った小牧太J。
Hペース実績も豊富です。

ビッグファントム
前々に付けたあざみ賞以外はスローでサッパリ。
斬れる脚がないので、今回の距離短縮とペースアップがいい方に出そうです。

リードオフマン
兄シャンパンスノー同様、この馬も頭が高く気性に問題を抱えます。
それだけに1ハロンの短縮と速い流れは良さそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伏竜ステークス

伏竜ステークス.JPG

ダイワキングコン
久々の芝だった前走の弥生賞は0.3秒差の4着。
馬場状態が良かったとはいえ、この馬の状態がいい事も事実。
今回は初めての1800mですが、自慢の辛抱強さで前々の押し切りを狙います。

デイフラッシュ
中山のダートはここまで2-0-0-1と好相性。
前々走ではダイワに0.1秒差2着。
直前の動きも良く、逆転は可能です。

アイノグレース
デビュー以来、ここまで2-0-0-1。
しかも敗れたのは初めての芝で重賞だった前走のみ。
母系からはやや短距離向きかとも思いますが、父がスペシャルウィークなら多少は長めにシフトしていてもいいはずです。
今回は追える田中勝春Jが騎乗。
期待できます。

サンダーペガサス
こちらも2-0-0-1で、敗れたのは芝のクロッカスSのみ。
終いがもう少し伸びれば文句無しですが、今回はこれ位の評価が妥当ではないでしょうか。

イブキサブデュー
今回は初の1800m。
しかしながら、ヒヤシンスSの内容ならここは通用してもいいはず。
ある程度前に付ければ好走が期待できます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

ひめさゆり賞

ひめさゆり賞.JPG

エアサバス
前走の0.8秒差6着は仕上り不足ではなく、スローな流れと大外を回った事が敗因だと思います。
出来れば北村宏司Jに騎乗して貰いたいのですが…。
ともあれ今回は先行激化で速い流れが予想されます。
偉大なる兄エアシャカールもその流れは得意でした。
遡ればブライアンズタイムを輩出する辛抱強い牝系。
それを象徴するのが出遅れた東スポ杯2歳Sでの4着でした。
こういった事も計算されているのであれば、納得の連闘です。

トウカイトリック
休み明けの前走は鋭い末脚を繰り出すも、エイシンニーザンのマイペース逃げにまんまと封じ込められました。
速めのペースは野路菊Sのみで6着に敗れています。
ただ前残りだった事を考えると、着差以上に上がり時計は評価に値するもの。
冬を越しての成長があれば、好勝負は期待できます。

ビッグタイガー
中間に頓挫のあった前走は粘り強く3着を死守。
ただ内々の馬場の良い所を回っていたので、過大評価は禁物。
また今週の追い切りは終いの時計が掛かり、ピリッとせず。
展開はかなり向きそうですが、前走ほど推せません。

ダイワヴィヴィアン
初芝の前走は上々の逃げ切り。
また新馬戦の内容からは好位に控えても良さがありそう。
Roberto系の真骨頂でもある粘り強さが引き出せれば、好勝負も可能です。

ロングタイキ
こちらも初芝の前走が上々の内容でした。
勝ち馬の異次元の走りからも更に評価出来ます。
今回はテンに速い馬が多く、前走のような位置取りが出来るか。
ただ前走から着用のブリンカーの効果がハッキリ現れているのは確かです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミモザ賞

ミモザ賞.JPG

レースパイロット
まさかの3着だったエルフィンSから、早2ヵ月。
ターゲットを桜花賞からオークスに切り替えての再登場です。
その前走は手応えが悪かったうえに、前残りの馬場に泣かされました。
今回は更にシェイプアップしての出走となりそうですが、それはここを勝ちたいという陣営の意気込みのようにも取れます。
タマヒカルのレースメイクでユッタリとしたペースになりそうで、メンバー随一の末脚を持つこの馬には敵無しといった印象です。

グランドエナジー
近走は平均以上の流れであと一歩及ばず。
それでもコンスタントに走れているのは能力の高さ故でしょう。
久々のスローになりそうで、赤松賞での切れ味が活かせれば好勝負が期待できます。

メジロトンキニーズ
休み明けで出遅れが最後まで響いた前走から、大きな上昇カーブ。
血統背景からも距離延長はプラスなはずで、実際休み前は1800mを豪快に差し切っています。
ユッタリした流れなら、切れ味は更に増しそうです。

シャイニングスルー
アクレイムに食い下がった新馬戦や際どく凌いだ未勝利戦からすると、前回の凡走は拍子抜け。
流れが向かなかったのもありますが、馬体重減が大きく響いたようです。
今回はどれだけ馬体重を戻して来れるかが鍵です。

シルキーステラ
実に堅実に走り、前走でようやく勝利の美酒。
今回は一気に相手が強化しますが、ここも相手なりに走る可能性はあります。
前半での位置取りが大きな鍵です。

プリンセスイブ
これまで平均以上の流れでしか走った事がありません。
それだけに新たな一面を見せる余地はあり。
侮ると痛い目に遭いそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。