2005年03月20日

スプリングステークス結果

スプリングステークス結果.JPG

木浪巌.bmp

1着はダンスインザモア
後方からレースを進めるも、3角手前から早くも進出開始。
直線は馬群を縫うように伸び、後続を振り切ってゴールイン。
展開に恵まれた事も確かですが、前走でサトノケンシロウを後方から差し切った能力は本物です。
本番に向け、楽しみな1頭が現れました。

2着はウインクルセイド
最速の上がりタイムで駆け上がって来たのですが、1馬身差敵わず。
やはり仕掛け処が遅すぎ、大外を回ったのがそのまま着差に表れました。
中山への適性は証明できましたので、あとは何処で脚を使うかが本番での課題です。

3着はトップガンジョー
5番手追走から道中進め、4角手前で一気に進出。
さすがに最後はお釣がなくなりましたが、辛抱強く3着確保。
ロベルト系の持ち味を上手く引き出した、必殺仕事人・武豊らしいレース運びでした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:14| Comment(0) | TrackBack(6) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリージア賞結果

フリージア賞結果.JPG

ウインRC.png

1着はウインストライダー
今回は逃げでなく、何と3角から早めにマクっての勝利。
それでいて最速の上がり時計をマークしているのですから恐れ入ります。
これなら上のクラスでも十分通用するはずですので、今後の活躍を期待したいと思います。

2着はロングタイキ
終始2番手追走でそのまま粘り込み。
勝ち馬には離されましたが、この馬も3着以下を突き放しています。
芝でも通用する事は判りました。
福島に転戦するようなら、キレイな馬場で楽勝も可能でしょう。

3着はモリノミヤコ
ハルウララの妹・タガノヒロインの追撃をアタマ差抑えて、何とか3着を確保。
粘り強さが身上だけに位置取りがもう少し良ければ、もっとやれました。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪割草特別結果

雪割草特別結果.JPG

小田切有一.png

1着はイヤダイヤダ
中団を進み、4角から一気にマクリました。
他の馬よりも一歩手前で仕掛けたのが勝因でしょう。
ただ欲を言えば、もう少し前で道中進んで欲しかった気がします。
ともかく叔母のワナと違い、父サニーブライアンが前面に出た持続力タイプのようです。

2着はシルクタイガー
直線の伸びは流石と思わせるものでした。
ただコチラの方が4角でイヤダイヤダをしており、その分差し届かずという印象です。
とはいえ2勝目はもう目の前です。

3着はトロピカルシャドウ
直線思ったほど伸びませんでしたが、坂での粘り強さが目を引きました。
思うにもっと前で進めていればもう少し着差は詰まっていたはずです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:26| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若葉ステークス結果

若葉ステークス結果.JPG

近藤利一.png

1着はアドマイヤフジ
好発のあと有力各馬が控えるのを見て、あまり内目に付けず直線抜け出しやすい位置へ。
4角手前でゴーサインが出ると、これまでに無いスムーズなコーナリング。
ここでユタカジョッキーは直後に迫っていたタガノを弾くかのように少し外目へ。
直線先頭に立つとインタビューにもあった様に、ソラを使う処も。
今後の課題はいかに気を抜かずに走るかでしょう。

2着はタガノデンジャラス
アドマイヤをピッタリマークし、同じく4角手前でゴーサイン。
外に振られたものの最後方でなく勝ち馬を追走し、壁を作らず馬場の良いところを通ったのが切符を得れた事に繋がったと思います。
本番は僚馬アドマイヤジャパンとの参戦。
管理する松田博資調教師は満面の笑みだったそうです。

3着はグッドネイバー
最速の上がり時計を使いながら、僅かに皐月賞への出走権を逃しました。
速めに進出し、直線で外目を通っていればと思わせる結果でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーカップ結果

フラワーカップ結果.JPG

キャロットファーム.png

1着はシーザリオ
好発から2番手集団でジッと待機。
4角で逃げるスルーレートを捕まえると、ラストは34.4の脚を使って快勝しました。
スローであの位置から最速の上がり時計を使ったのですから、後続の有力馬たちは敵うはずがありません。
これで3戦3勝、桜の有力候補になりました。

2着はスルーレート
初めての芝も何のその、マイペースで逃げを打つと最後は3着以下を2馬身以上離してのゴールイン。
思わぬ新境地の開拓となったのではないでしょうか。
終わってみればキャロットFのワンツーフィニッシュ。
骨折したエキゾーストノートらの分も頑張って欲しいと思います。

3着はアルフォンシーヌ
2番人気のラドランファーマをハナ差抑えたとはいえ、今後このクラスで戦うのは少し辛そうです。
とはいえ、自己条件なら勝ち負けできるはずです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:05| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプリングステークス

スプリングステークス.JPG

パリブレスト
マキハタ、コクサイ、アグネスの行く展開ならかなり速くなりそうです。
前走で1400mのクロッカスSを好位から差し切りました。
今回も好位で我慢し、抜け出す競馬に期待です。

ペールギュント
こちらもデイリー杯2歳Sや朝日杯FSで好走しているように、速い流れはお手のもの。
後方からいかに馬群を捌いてくるかが鍵になります。

ヴァーミリアン
ここまで4戦4連対と安定した戦績。
ただMペースの萩Sでは明らかに格下のテイエムヒットベに敗れました。
また今週の追い切りは全体では好時計を出したものの終い頼りなく、レースでどうでしょうか。
ここで終いズルズル下がってしまうようなら、本番は厳しいものとなります。

ウインクルセイド
葉牡丹賞の内容が良かったのですが、前走京成杯は案外の結果。
道悪が影響したのでしょうか。
とはいえ父の産駒が得意とする速い流れが予想され、良い結果が得られるかもしれません。

カンペキ
折り合いに難のあるこの馬にとって、今回は能力がフルに発揮できる舞台だと思います。
中山も得意としており、侮れません。

ディーエスハリアー
持続力が問われるなら、半姉にエリモシック・ピクシーを持つこの馬にもチャンスあり。
好位でのレースも板に付き、それが今回爆発するでしょうか。

ダンスインザモア
この馬も持続力があります。
2勝はともに道悪と、相当なスタミナを秘めているようです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリージア賞

フリージア賞.JPG

ウインストライダー
前に行きたい馬が多い今回、この馬もその1頭です。
今回も前走のようにHペース逃げ切りの可能性は大。
というのは血統構成の裏付けがあるからです。
父グラスワンダーの母Amerifloraと自身の母父デインヒルの血でDanzigを3x3、Northern Dancerを4x4x5、His Majstyを4x4、Natalmaを5x5x5、Raise a Nativeの5x5を作っています。
また牝系はエルコンドルパサーやSadler's Wellsと同じラフショッドの牝系。
少々のオーバーペースでも物ともしない、前走の内容が納得できる配合です。


モリノミヤコ
3前走から脚質転換し、先行が出来るようになりました。
またそれが次第に形となって現れています。
父タヤスツヨシ譲りの粘り強さで、ここも好結果が期待できます。

ホクセツバロン
デビュー以来コンスタントに出走し、使われつつ馬体が絞れてきました。
先行集団が脱落してくるようなら、この馬の出番です。

ニホンピロブレイブ
前走同様、まだピリッとしてきませんが、今回のメンバー構成なら多少の前進は望めるはずです。
その前走は想定していた流れよりスローになり、持ち味が活かせず。
小倉でレコード勝ちしているように、スピードの持続力勝負になれば…。

ロングタイキ
今回が芝での初めてのレースとなります。
さらにブリンカー着用。
新たな一面を出すかもしれません。

ロングゴージャス
ここまで2走はスローでの戦いでした。
オペラハウスとIrish Riverの配合なら速い流れで更にと思わせます。
叩き2走目、一変に期待です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪割草特別

雪割草特別.JPG

シルクタイガー
デビュー戦こそ惨敗したものの、2走目で勝ち上がり、前走デイリー杯2歳Sでは並みいる強豪の中で3着に飛び込みました。
今回は前走まで速くはならなさそうですが、ある程度のペースが見込めます。
態勢も万全で、自己条件のここなら再び直線一気の豪快な競馬が見られるはず。

イヤダイヤダ
今週は坂路でリンカーンを煽るほどの動き。
確かに相手は攻め駆けするタイプでありませんが、メンタル面で多少はプラスになりそうです。
またスローよりも平均以上の流れを前々で進めるのが向いていそうで、追える岩田騎手なら更に前進の余地があります。
母や叔母のワナ、叔父のヌチグスイから距離短縮は望むところです。

アブソルートダンス
北海道から転厩後2走目となります。
ダートの前走は大敗でしたが、ただの(地)馬だと思うなかれ。
道営時代は芝の(特指)競争で5・4着。
一度使った事で中央のペースにも多少はなれたはずです。
追える好調・和田騎手で一発を狙います。

トロピカルシャドウ
東京での新馬戦、道悪の前走ともに持続力の問われる条件で前々に付け、2・1着しています。
スッと先行できるセンス、そして持続力はここでも通用しそうです。

マイネマリスタ
デビュー以来短距離で頑張ってきました。
前走、前々走は重賞挑戦という事もあり大敗。
自己条件のここならもう少しやれそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。