2005年03月13日

アネモネステークス結果

アネモネステークス結果.JPG

キャロットファーム.png

1着はペニーホイッスル
Hペースを好位集団先頭で追走。
前が潰れていくのを尻目に、順位を上げて勝利。
好位抜け出しのお手本のようなレースでした。

2着はマイネコンテッサ
例によって後方からの競馬も、3角から進出開始。
長い脚を使い、最後までグイッグイッと伸びて最速の上がり時計をマーク。
ペンタイア産駒らしいレース内容でした。

3着は1番人気アンブロワーズ
調教ほど手応えも良くなく、初騎乗の四位騎手も戸惑い気味だったように思います。
しかしあくまで目標は本番。
ここからの巻き返しに注目です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はなのき賞結果

はなのき賞結果.JPG

立花幸雄.bmp

1着はリッカバクシンオ
逃げたフラワリングバンクのハナを叩き、3角で先頭へ。
柴山雄一騎手の思い切った作戦でした。
その早めのスパートで終いは少しラップが落ちていますが、終わってみれば3馬身差。
仕上りに不満の残った今回でこれだけやれたのですから、次走では上積みも見込めます。

2着はプレミアシチー
ここまで1-1-1-0という戦績にも関らず、11番人気と低評価でした。
叩きつつ着順を上げてきましたので、この好走は考えられた事でしょう。
前崩れの展開を後方から追い上げる形になりましたが、前に付けてもいいタイプ。
次走も楽しみです。

3着はエムテイコウテン
赤木ジョッキーの乗り方は想像していた通り、好位グループの一番前。
コースロスなく、予定通りの入着という感じです。
次の番組は広いコースしかなさそうで、今回のような走りが出来るかどうか。
どのようなローテをとるのか気になります。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

ゆきやなぎ賞

ゆきやなぎ賞.JPG

アドマイヤタカ
前走すみれSは勝ち馬を負かしに行っての敗戦。
その勝ち馬のレベルを考えると上々と見るのが正しい判断かもしれません。
自分の競馬をすれば後続の追撃も振り切れそうです。

インティライミ
今週は重賞2勝馬サクラセンチュリーを相手に余裕残しの先着。
それも終い11.7という破格の内容。
DWコース3週連続80秒台で、調教だけなら◎です。
デビュー戦のタイムはアテにならないので、今回レースに行ってどうか。
道悪は走る一族ですので、雨が長引けばチャンスです。

メガトンカフェ
休み明けの前走は、終い切れるも前残り馬場に泣きました。
今回は1度叩いた効果が窺え、前走ほど前が止まらないということも無さそうですので期待できます。
まだまだ血統だけで走っているような気もしますが、チャンスは十分です。

ケージーツヨシ
前走は、休み明けの追い不足を考えると上々の内容でした。
粘る脚も切れる脚もあり、展開に左右される事も無さそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アネモネステークス

アネモネステークス.JPG

アンブロワーズ
阪神JF以来の出走となりますが、仕上りは万全のようです。
今回はハナに立ちたい馬が数頭いて流れが速くなりそうですが、重厚な母系のこの馬にとっては却って好都合。
また多少馬場にお湿りがあれば、なおこの馬が優位に立ちそうです。
あとは初騎乗の四位騎手がどのポジションに付けるか。
2番手集団に付けて押し切りが理想でしょう。

ペニーホイッスル
前走敗れたエイシンテンダーがチューリップ賞を楽勝しました。
当然この馬にも期待が懸かります。
今回は2ハロンの延長ですが折り合い面では心配がなく、最後までどれだけ粘れるかが鍵になります。
3戦連続2着と惜敗続き。
ここは2着でも桜への権利は取れますが、そろそろ終止符を打ちたいところ。

シャイニングスルー
レベルの高かった新馬戦でアクレイムの0.1差2着。
次のレースでアッサリ勝ち上がっているように、能力は中々のもの。
2走とも中山で、コース相性は抜群です。
姉にブリガドーンを持つ血統背景から粘りが利きそうで、前が速くなるほどチャンスは広がるはずです。

グランドエナジー
前走は出遅れながらも5着。
その前はフェアリーS4着と能力は確か。
ゲートがまともなら、ここでもそこそこやれそうです。
今週は時計エラーも、3ハロン目を馬なりで11.9と絶好の動きでした。

タケカワルキューレ
デビュー以来強い馬と対戦してきましたが、紅梅S以外は相手なり。
距離延長と松永幹夫騎手への手替りで少し前進してよさそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はなのき賞

はなのき賞.JPG

サンタマリアガール
2戦目となった前走は、内枠と一気の相手強化が堪えて7着。
初戦の内容が素晴らしかっただけに案外な結果となりました。
今回も強力な同型がいますが、8枠15番という絶好のゲートからのスタートです。
当然揉まれる心配も無さそうで、左回りでモタれる面もマシになりそう。
また直前追い切りではCWを78.2で走り、具合も良さそうです。

フラワリングバンク
新馬戦では牝馬戦線で活躍中のモンローブロンドに0.3秒差。
それも直線で不利を被ってのものでした。
そして2戦目ではレコード勝ち。
近走は重賞・ダートでパッとしませんが、自己条件なら変り身の余地がありそうです。
今週は終いを伸ばす形で登坂。
攻め駆けしないこの馬の割には伸びました。

エムテイコウテン
追い切り・戦績ともにパッとしませんが、唯一連対しているコースに戻ります。
またヤネも赤木ジョッキーに戻り、展開にも恵まれそうです。
好位からの抜け出しに期待です。

ケイアイブーケ
実績的には最上位だと思うのですが、今週の追い切りが不満。
おそらく中京までの輸送を考えて手控えられたのでしょうが、果たしてそれがどう出るか。
また非常に小柄な馬ですので、道悪が堪えるかもしれません。

ビッグホワイト
フジキセキ産駒らしく、小回りが非常に巧み。
藤岡ジョッキーもインを付くのは上手いので、コース替りで巻き返してきそうです。

サザンバクシンオー
前走と違い、今回は厳しい展開になりそうです。
田嶋翔騎手ですので恐らく行くでしょうが、どこまで粘れるか。
今週調教では遅れたものの、終いまでシッカリ伸びて上昇が窺えます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

弥生賞結果

弥生賞結果.JPG

金子真人.png

1着は圧倒的1番人気のディープインパクト
今日は本番に向け脚を測ったようなレース運びで、やはり後方から。
3分3厘でマクリ始めると、一気に突き抜けました。
一瞬アドマイヤに詰め寄られたようにも見えますが、一杯にステッキを入れいるのに対し、明らかに脚色が違いましたので楽勝と見ていいでしょう。
本番はストーミーカフェという強敵がいますが、無様な競馬はしないはずです。

2着はアドマイヤジャパン
いつになくゲートをスンナリと出て、インでジッと我慢。
ディープの仕掛けを待って追い出し、僅差の2着。
確かに完敗でしたが、調教でビシビシやられていなかった事や、ゲートがマシになった事、さらに好位の馬群でレースができた事は大きな収穫でした。
あとは本番の厳しい流れで対応できるかどうかが鍵になります。

3着はマイネルレコルト
流れが緩かった為か道中は掛かり通し。
それでも3着に来ているのですから、その能力は流石。
今回は残念な結果でしたが、速い流れが予想される本番では軽視できない存在に違いありません。


blog Ranking続きを読む
posted by 恐れ入ります at 16:18| Comment(0) | TrackBack(6) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さわらび賞結果

さわらび賞結果.JPG

金子真人.png

1着はピカレスクコート
探り気味にスタートしましたが、2ハロン目から加速。
道中で引っ掛かったレジェンダロッサが絡んでくると突き放しにかかり、直線の坂では更にひと伸びしました。
後続を2馬身以上突き放し、余裕をもってゴールイン。
ヤマカツスズランの全弟だけに、上のクラスでも期待ができます。

2着はエイシンインパール
後方から運び、直線は大きなフットワークでゴボウ抜き。
見るからに芝向きで、距離延長で更に上昇が見込めそうです。

3着はビッグタイガー
調整不足も経済コースを回り、渋太く粘り込み。
さすが実績上位といった印象です。
次走は上昇もありそうで、勝ち負けの域に入ると見てよさそうです。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

弥生賞

弥生賞.JPG

ディープインパクト
初戦での走りもさることながら、Hペースだった2戦目の若駒Sを33.6というケタ違いの末脚で勝ったのには驚きました。
デビュー戦で負かしたコンゴウリキシオーもその後3連勝しているように、この馬も3連勝を飾る可能性が極めて高いと思います。
今週は終いを伸ばすような形で
 栗東DW 82.8-66.8-52.2-38.4-11.6
と、時計の出難いコースで素晴らしいスパーリングを行っています。
少頭数ですので、ディアデラノビアのような事はないと思います。

マイネルレコルト
ここまで4-0-0-1と素晴らしい戦績。
唯一敗れた京王杯2歳Sは出遅れて外々を回らされたのが敗因で、それでも5着に入っています。
ペースや展開も不問で、大崩れすることは考えられないと思います。

アドマイヤジャパン
前走の京成杯では3歳にとって厳しい不良馬場を物ともせず、豪快に突き抜けました。
この中間はその疲れを取る事に専念していたようで、飽く迄も目標は先といった感じがします。
確かに今週の追い切りを見る限りこれで仕上がってきそうだなという感じがしましたが、さすがに一筋縄では前述2頭に敵わない気がします。
ただ成長段階でもあるので、前走やラジオたんぱ杯の頃と走りが一変する可能性はあります。

ニシノドコマデモ
上位3頭に比べると、力不足は否めません。
しかし前走で仕上がりに不満があった事や、今回の1ハロン延長で多少変る余地はあります。

△エイシンサリヴァン
控える競馬が板に付き、それが結果となったのが前走のセントポーリア賞。
終いに懸ける事に専念出来れば、権利取りの期待が持てます。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 20:24| Comment(0) | TrackBack(8) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さわらび賞

さわらび賞.JPG

ピカレスクコート
休み前のもちの木賞はレース中に捻挫し、惨敗。
しかし敗因がハッキリしているので度外視してよさそうです。
追い不足の初戦でアーリントンC3着のインプレッションに肉薄しており、万全で挑む今回は逃げ切りたいところです。

レジェンダロッサ
デビュー戦は追い不足で太目残り、前走はそれを4s絞りましたが、今回は更に絞れて力を発揮できそうです。
位置取り次第では勝ちもあります。

コスモシンドラー
豪州産のため半年遅生まれのハンデがありますが、それを物ともせずここまで2戦2連対。
能力はヒケを取りませんが、今回は2ハロンの延長。
さてどこまでやれるでしょうか。

ビッグタイガー
実績なら上位ですが中間に頓挫があり、満足のいく追い切りが出来ていないのは確かです。
勝ち負けは厳しそうですが、3着ぐらいならありそうです。

エイシンインパール
今回が初めての芝になります。
昇級後はイマイチですが、名馬のインブリードが幾重にも織り込まれた血統ですので、大駆けがあるかもしれません。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 19:55| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チューリップ賞結果

チューリップ賞結果.JPG

平井豊光.png

1着はエイシンテンダーでした。
前走から14sの馬体重増も太目感は全く無く、キッチリ仕上った馬体。
道中は内目でジッと我慢し、直線は弾けるように伸びました。
これまでの逃げ・追い込みに加え、好位抜け出しと自在性を見せ付けました。
これで一躍桜候補に伸し上り、樫もと思わせる収穫の多いレースでした。
また父に中央重賞をプレゼント。

2着は大外から一気に追い上げたアドマイヤメガミ
札幌での新馬戦で素質の片鱗を見せていた馬ですが、ここでようやく開花し始めました。
まだまだ6〜7分咲きですが、本番までにその花を咲かせる事ができるでしょうか。

3着はダンツクインビー
体型もあるのでしょうが、いかにも太目残り。
とはいえ新馬戦で阪神のマイルを経験しており、それも評判のシーザリオと接戦を演じたのですからあながちマグレとも言えません。
本番では更にメンバーが強化しますが、嵌れば掲示板の可能性もあります。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 18:11| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あざみ賞結果

あざみ賞結果.JPG

ビッグ.png

1着はビッグファントム
前が止まらないと解かっていた和田騎手の好騎乗でした。
終始2番手を追走すると、最後はグッと伸びて先頭でゴールイン。
斬れる脚が無いだけに、これまでは前崩れを待つ他力本願なレースでしたが前々で押し切るという新たな戦法を見出す事ができました。
ただ昇級後即通用するようには思えず、苦戦を強いられそうです。

2着はニシノカエデマル
こちらもジョッキーの好判断でしたが、惜しくもクビ差で敗れました。
これまでのレースよりも今日の乗り方の方が合っていそうで、次走も注目です。

3着はスズカローラン
こちらは逃げを狙っていたのでしょうが、ハナを奪われ4番手を追走せざるを得ませんでした。
とはいえ2着と3馬身も離されたのですから、現状力不足には変わりありません。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄梅賞結果

黄梅賞結果.JPG

里見。.bmp

1着はサトノケンシロウ
やはり予想通り最内でジッと我慢し、抜け出すという形での勝利となりました。
Sペースより平均以上のペースで良さが出る馬なのでしょう。
次走中1週でスプリングS、もしくはNZトロフィーに出走してくるようなら引き続きチャンスがありそうです。

2着はコクサイトップラヴ
ハナを叩いての粘り込みでした。
ただ馬の力もあるのでしょうが、トラックバイアスの恩恵を受けていたので、中山で連戦となると今回のようには行かない気もします。
福島あたりに転戦するようなら再度チャンスはありそうです。

3着はガッテンワン
出馬表を見た時点で黄にはなっていたのですが、やはり来ました。
道中はサトノケンシロウをマークするような形で運びましたが、勝負処でもたついたのが着差にそのまま現れています。
ただ力のあるところは確認できましたので、引き続き追いかけてみたいと思います。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

チューリップ賞

チューリップ賞.JPG

ディアデラノビア
前走の白梅賞は圧巻のレースでした。
4コーナー手前から進出し始めると最後の3ハロンを全て11秒台で纏めエアメサイアに2馬身差、それでいて流してゴールする余裕。
エアメサイアが次に勝ったエルフィンSのレベルが低い訳でなく、この馬の強さを更に引き立てる事になりました。
牡馬がディープインパクトなら牝馬はディアデラノビア、そう感じさせる走りです。
平均ペースへの対応は前走の内容なら十分こなせるはずで、阪神のマイル戦を経験しているのも心強いです。
強いて不安要素を挙げるなら、ここの処のアンカツジョッキーの不振・強引な競馬でしょうか。

エイシンテンダー
デビュー戦の走りからは凄味を感じる事は無かったのですが、休養を挟んでの前走でかなり成長したようで驚きました。
この中間は馬なりで好時計を出しており、ここでもパワーアップが窺えます。
前走後方でキッチリ折り合っていたので、2ハロンの延長も心配無さそうです。
先行できるスピードがあるので他の有力馬より有利なレース運びが出来そうで、あるいは勝利もありそうです。

オリエントチャーム
好位追走でも好勝負が出来そうですが、ここ2戦出遅れているように好位に付ける以前の問題のようです。
それでいてそれぞれ2着・1着しているのは立派。
兄ゴールドアリュールとはタイプが違うようですが、能力の高さでは勝るとも劣らないものがあります。
出遅れて後方なら状態の良い馬場に泣かされそうですが、スンナリ出れば怖い存在です。

ハギノコマチ
新馬戦を勝って挑んだ前走の阪神JFではあわやの4着。
その後放牧に出てここに駒を進めてきたのですが、如何せん稽古の内容が悪く、強く推せません。
恐らく世間の見方も「能力だけなら上位だが…」となるはずです。
その能力だけでどこまでやれるでしょうか。

エリモファイナル
前走の紅梅Sは後方からの競馬で折り合いに進境が窺えました。
何度も書いていますが、前の止まらない馬場。
福永ジョッキーが乗ってきたからには今回も待機策になりそうで、今回勝つには厳しく思えます。

コスモフォーチュン
恐らくこの馬が速力を活かしてハナに立ちそうです。
小倉2歳S3着以来となりますが、仕上りは良さそうです。
マイネルラヴ産駒のこの馬にとって時計の出やすい馬場は向いており、ファイトガリバーらの出る牝系ならマイルまでは何とかなるかもしれません。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 18:12| Comment(0) | TrackBack(8) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あざみ賞

あざみ賞.JPG

ニホンピロブレイブ
デイリー杯2歳S以来の久々の登場となります。
その前走はHペースで息を入れて走れず、12着と惨敗でした。
しかしそれまでの3戦を見て判るように、息の入れ易い小回りコースや平均ペースが向いています。
今回はレキシントンルビーやスズカローランが引っ張りそうで、平均ペースが見込めます。
もし仮に遅くなりそうでも、本田騎手の事ですので自らハナを奪う事が考えられます。
開幕週の馬場を見方にしてトップで駆け抜けてくる可能性は大きいと思います。
あえて不満点を挙げれば、もう1本追い切りが欲しかった事です。

チョウノゾミ
ここまでダートでの1戦を除けば、実に堅実に走っています。
前走は出遅れて本来の競馬が出来なかったにも関らずレットバトラーの0.4秒差と、悪いなりに結果を出しました。
今回は初勝利を挙げた中京コース、しかもコース巧者の中舘英二騎手です。
引き続き好走が期待できます。

トーワヒコノ
前走のエルフィンSは昇級戦の上に相手が強過ぎました。
相変わらず調教ではタイムが詰まってこないものの、掲示板を外したのは前走のみ。
デビュー2戦はアフリカンビートやレットバトラーとそれほど差の無い競馬でした。
自己条件・1戦1勝の安田康彦騎手に戻って反撃といきたいところです。

ビッグファントム
レース中にハミを抜いたりまだまだ気性の若さを見せていますが、こぶし賞では2着に食い込んできました。
姉のキタノスザクが小回りで好走しており、中京コースで化ける可能性はあります。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黄梅賞

黄梅賞.JPG

フサイチエーシック
3戦目初ダートとなった前走でようやく勝ち星を挙げ、再び芝に挑戦してきました。
デビュー2戦はいずれも今回と同じ中山のマイルで敗れています。
しかしながらともに勝ち馬は上のクラスで活躍しており、それぞれ0.2、0.4秒差ならここでも安定した走りが見られるはずです。
また先週のレースを見ても解かるように、前残りの馬場です。
ハナあるいは2番手でレースを進めるであろうこの馬にとっては、大きなプラス材料に違いありません。

サトノケンシロウ
今回が初めての中山での競馬となります。
ここまで3走はいずれも東京コース、その内容を見ると終いが斬れるタイプではありません。
今回は1-0-1-0と手の合っている北村宏司騎手で1番枠という事で、恐らく好位のインをジッと我慢して直線抜け出す競馬をするはずです。
北村騎手は追い込みのイメージが強そうですが、この手の乗り方が実に巧み。
その典型と言えたのが1回中山の若竹賞。
人気薄のライトニングボールをキッチリ2着に持って来ました。
この馬の持ち味を存分に活かしてくれることでしょう。

コクサイトップラヴ
中山コースはここまで0-2-1-0と、勝ち切れないものの適性を示しています。
これまでの内容はスピードを活かして先行するレースですが、決してハナにこだわる訳でなく、番手の競馬でも好走しています。
また父マイネルラヴの産駒は開幕直後の時計が出やすい馬場での好走例が多く、前述の前残り馬場と併せてチャンス十分です。

サジターリオ
1戦1勝でまだまだ判断の難しい馬ですが、近親にピルサドスキー・ファインモーション兄妹、3歳時から活躍を続けるヒューマがいる豪華な血統です。
前走は超スローを番手で追走し、ラスト半マイルを34.5で駆け上がってきました。
それだけに平均ペースの見込まれるここでは不安です。
しかしながらバックボーンからは却って前走より速い流れで前進する可能性があります。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。