2005年03月29日

君子蘭賞結果

君子蘭賞結果.JPG

バンブー牧場.png

1着はブリトン
好位を追走し、最後まで鋭く伸びてゴールイン。
前走フィリーズレビューでの敗戦から、今回は自己条件でキッチリ決めました。
いつもより後ろにはなりましたが、馬群で我慢できたのは収穫だったと思います。
しかしながら、この馬の最大の持ち味は前々での我慢強さ。
配合からは距離延長も心配ありませんので、中距離を自分でレースメイクすれば更に飛躍できそうな気がします。
ともあれ、エイシンテンダーを擁する武邦彦厩舎からまた一頭楽しみな馬が現れました。

2着はハギノコマチ
直前の動きでも前走からの上積みはあまり感じられず、今回は仕方なしの敗戦でしょう。
この時点で桜への夢も潰えましたが、次走は叩き3走目の自己条件でキッチリ決めてくれるでしょう。

3着はナリタシークレット
実力があるにも関らず、世論は過小評価だった気がします。
今回は流石に一線級と戦ってきたというところを見せてくれました。
この馬も近々上のクラスに上がる事は間違い無さそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 20:47| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沈丁花賞結果

沈丁花賞結果.JPG

近藤利一.png

1着はアドマイヤムサシ
初ダートの前走がフロックでは無かった事を証明するかのような結果。
中団よりやや後ろから進め、マクるような競馬で圧勝しました。
勝ちあぐねている全兄メイショウホウオウのような難しさも無さそうで、砂を被ったりする事もあまり気にならないようです。
またラスト3F37.9という時計も優秀で、上のクラスでも即通用しそうです。

2着はマルブツブリザード
3角あたりから後続を引き離しましたが、最後はお釣が無くなりました。
ただこの戦法で新境地を開拓した感もあり、1着馬には大きく遅れたもののこの馬も3着以下を大きく退けています。
このクラスならすぐにでも突破できるはずです。

3着はマルブツシルヴァー
鮮烈な走りを見せた新馬戦から、このところの走りは案外。
力のあるところは見せていますが、まだまだこれからといった感じがします。
今後の成長に期待したいです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日杯結果

毎日杯結果.JPG

サンデーレーシング.png

1着はローゼンクロイツ
好位から進み、3分3厘あたりから進出。
アンカツJが追えば追うほどにグングンと加速し、終わってみれば完勝でした。
本番・皐月賞ではどのように時計勝負に対応してくれるでしょうか。
非常に楽しみです。

2着はコスモオースティン
逃げの競馬が随分と板に付いてきましたが、終いの甘さは相変わらず。
それでも並みいる重賞経験馬たちを抑えての2着は立派。
これで皐月賞出走権をほぼ手中にしました。
ただ個人的には青葉賞に向かって欲しい気がします。

3着はコンゴウリキシオー
満を持しての出走だっただけに、まさかの3着。
3番手追走からの競馬も、全く良さが見られませんでした。
前走から一気に相手が強化した訳でもなく、今回は展開に敗れた印象。
番手で展開に左右されるよりもむしろ、逃げて自らの得意とするペースを作った方が良かったと思います。
今後強豪と戦うには、そういった作戦も必要になってきます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 20:15| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山桜賞結果

山桜賞結果.JPG

長山尚義.bmp

1着はチョウサン
道中は逃げるメガトンカフェを射程圏に入れながら追走。
直線でも粘り強く、最後はアタマ差先着。
着差以上に勝負強さが目に付いたレースでした。

2着はメガトンカフェ
やはり終いに徹するよりも前で運ぶ方が良さそうです。
今回は非常に悔しい敗戦でしたが、こういうレース運びをしていればポンポンと勝ち上がっていけそうです。

3着はスイートアリッサム
前の2頭には大きく遅れましたが、前々走きさらぎ賞での6着は伊達ではありませんでした。
前走は平均ペースに泣かされましたが、スローであればこれ位は出来て当たり前といった結果でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

スプリングステークス結果

スプリングステークス結果.JPG

木浪巌.bmp

1着はダンスインザモア
後方からレースを進めるも、3角手前から早くも進出開始。
直線は馬群を縫うように伸び、後続を振り切ってゴールイン。
展開に恵まれた事も確かですが、前走でサトノケンシロウを後方から差し切った能力は本物です。
本番に向け、楽しみな1頭が現れました。

2着はウインクルセイド
最速の上がりタイムで駆け上がって来たのですが、1馬身差敵わず。
やはり仕掛け処が遅すぎ、大外を回ったのがそのまま着差に表れました。
中山への適性は証明できましたので、あとは何処で脚を使うかが本番での課題です。

3着はトップガンジョー
5番手追走から道中進め、4角手前で一気に進出。
さすがに最後はお釣がなくなりましたが、辛抱強く3着確保。
ロベルト系の持ち味を上手く引き出した、必殺仕事人・武豊らしいレース運びでした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:14| Comment(0) | TrackBack(6) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリージア賞結果

フリージア賞結果.JPG

ウインRC.png

1着はウインストライダー
今回は逃げでなく、何と3角から早めにマクっての勝利。
それでいて最速の上がり時計をマークしているのですから恐れ入ります。
これなら上のクラスでも十分通用するはずですので、今後の活躍を期待したいと思います。

2着はロングタイキ
終始2番手追走でそのまま粘り込み。
勝ち馬には離されましたが、この馬も3着以下を突き放しています。
芝でも通用する事は判りました。
福島に転戦するようなら、キレイな馬場で楽勝も可能でしょう。

3着はモリノミヤコ
ハルウララの妹・タガノヒロインの追撃をアタマ差抑えて、何とか3着を確保。
粘り強さが身上だけに位置取りがもう少し良ければ、もっとやれました。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪割草特別結果

雪割草特別結果.JPG

小田切有一.png

1着はイヤダイヤダ
中団を進み、4角から一気にマクリました。
他の馬よりも一歩手前で仕掛けたのが勝因でしょう。
ただ欲を言えば、もう少し前で道中進んで欲しかった気がします。
ともかく叔母のワナと違い、父サニーブライアンが前面に出た持続力タイプのようです。

2着はシルクタイガー
直線の伸びは流石と思わせるものでした。
ただコチラの方が4角でイヤダイヤダをしており、その分差し届かずという印象です。
とはいえ2勝目はもう目の前です。

3着はトロピカルシャドウ
直線思ったほど伸びませんでしたが、坂での粘り強さが目を引きました。
思うにもっと前で進めていればもう少し着差は詰まっていたはずです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:26| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若葉ステークス結果

若葉ステークス結果.JPG

近藤利一.png

1着はアドマイヤフジ
好発のあと有力各馬が控えるのを見て、あまり内目に付けず直線抜け出しやすい位置へ。
4角手前でゴーサインが出ると、これまでに無いスムーズなコーナリング。
ここでユタカジョッキーは直後に迫っていたタガノを弾くかのように少し外目へ。
直線先頭に立つとインタビューにもあった様に、ソラを使う処も。
今後の課題はいかに気を抜かずに走るかでしょう。

2着はタガノデンジャラス
アドマイヤをピッタリマークし、同じく4角手前でゴーサイン。
外に振られたものの最後方でなく勝ち馬を追走し、壁を作らず馬場の良いところを通ったのが切符を得れた事に繋がったと思います。
本番は僚馬アドマイヤジャパンとの参戦。
管理する松田博資調教師は満面の笑みだったそうです。

3着はグッドネイバー
最速の上がり時計を使いながら、僅かに皐月賞への出走権を逃しました。
速めに進出し、直線で外目を通っていればと思わせる結果でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーカップ結果

フラワーカップ結果.JPG

キャロットファーム.png

1着はシーザリオ
好発から2番手集団でジッと待機。
4角で逃げるスルーレートを捕まえると、ラストは34.4の脚を使って快勝しました。
スローであの位置から最速の上がり時計を使ったのですから、後続の有力馬たちは敵うはずがありません。
これで3戦3勝、桜の有力候補になりました。

2着はスルーレート
初めての芝も何のその、マイペースで逃げを打つと最後は3着以下を2馬身以上離してのゴールイン。
思わぬ新境地の開拓となったのではないでしょうか。
終わってみればキャロットFのワンツーフィニッシュ。
骨折したエキゾーストノートらの分も頑張って欲しいと思います。

3着はアルフォンシーヌ
2番人気のラドランファーマをハナ差抑えたとはいえ、今後このクラスで戦うのは少し辛そうです。
とはいえ、自己条件なら勝ち負けできるはずです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:05| Comment(0) | TrackBack(2) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプリングステークス

スプリングステークス.JPG

パリブレスト
マキハタ、コクサイ、アグネスの行く展開ならかなり速くなりそうです。
前走で1400mのクロッカスSを好位から差し切りました。
今回も好位で我慢し、抜け出す競馬に期待です。

ペールギュント
こちらもデイリー杯2歳Sや朝日杯FSで好走しているように、速い流れはお手のもの。
後方からいかに馬群を捌いてくるかが鍵になります。

ヴァーミリアン
ここまで4戦4連対と安定した戦績。
ただMペースの萩Sでは明らかに格下のテイエムヒットベに敗れました。
また今週の追い切りは全体では好時計を出したものの終い頼りなく、レースでどうでしょうか。
ここで終いズルズル下がってしまうようなら、本番は厳しいものとなります。

ウインクルセイド
葉牡丹賞の内容が良かったのですが、前走京成杯は案外の結果。
道悪が影響したのでしょうか。
とはいえ父の産駒が得意とする速い流れが予想され、良い結果が得られるかもしれません。

カンペキ
折り合いに難のあるこの馬にとって、今回は能力がフルに発揮できる舞台だと思います。
中山も得意としており、侮れません。

ディーエスハリアー
持続力が問われるなら、半姉にエリモシック・ピクシーを持つこの馬にもチャンスあり。
好位でのレースも板に付き、それが今回爆発するでしょうか。

ダンスインザモア
この馬も持続力があります。
2勝はともに道悪と、相当なスタミナを秘めているようです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリージア賞

フリージア賞.JPG

ウインストライダー
前に行きたい馬が多い今回、この馬もその1頭です。
今回も前走のようにHペース逃げ切りの可能性は大。
というのは血統構成の裏付けがあるからです。
父グラスワンダーの母Amerifloraと自身の母父デインヒルの血でDanzigを3x3、Northern Dancerを4x4x5、His Majstyを4x4、Natalmaを5x5x5、Raise a Nativeの5x5を作っています。
また牝系はエルコンドルパサーやSadler's Wellsと同じラフショッドの牝系。
少々のオーバーペースでも物ともしない、前走の内容が納得できる配合です。


モリノミヤコ
3前走から脚質転換し、先行が出来るようになりました。
またそれが次第に形となって現れています。
父タヤスツヨシ譲りの粘り強さで、ここも好結果が期待できます。

ホクセツバロン
デビュー以来コンスタントに出走し、使われつつ馬体が絞れてきました。
先行集団が脱落してくるようなら、この馬の出番です。

ニホンピロブレイブ
前走同様、まだピリッとしてきませんが、今回のメンバー構成なら多少の前進は望めるはずです。
その前走は想定していた流れよりスローになり、持ち味が活かせず。
小倉でレコード勝ちしているように、スピードの持続力勝負になれば…。

ロングタイキ
今回が芝での初めてのレースとなります。
さらにブリンカー着用。
新たな一面を出すかもしれません。

ロングゴージャス
ここまで2走はスローでの戦いでした。
オペラハウスとIrish Riverの配合なら速い流れで更にと思わせます。
叩き2走目、一変に期待です。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪割草特別

雪割草特別.JPG

シルクタイガー
デビュー戦こそ惨敗したものの、2走目で勝ち上がり、前走デイリー杯2歳Sでは並みいる強豪の中で3着に飛び込みました。
今回は前走まで速くはならなさそうですが、ある程度のペースが見込めます。
態勢も万全で、自己条件のここなら再び直線一気の豪快な競馬が見られるはず。

イヤダイヤダ
今週は坂路でリンカーンを煽るほどの動き。
確かに相手は攻め駆けするタイプでありませんが、メンタル面で多少はプラスになりそうです。
またスローよりも平均以上の流れを前々で進めるのが向いていそうで、追える岩田騎手なら更に前進の余地があります。
母や叔母のワナ、叔父のヌチグスイから距離短縮は望むところです。

アブソルートダンス
北海道から転厩後2走目となります。
ダートの前走は大敗でしたが、ただの(地)馬だと思うなかれ。
道営時代は芝の(特指)競争で5・4着。
一度使った事で中央のペースにも多少はなれたはずです。
追える好調・和田騎手で一発を狙います。

トロピカルシャドウ
東京での新馬戦、道悪の前走ともに持続力の問われる条件で前々に付け、2・1着しています。
スッと先行できるセンス、そして持続力はここでも通用しそうです。

マイネマリスタ
デビュー以来短距離で頑張ってきました。
前走、前々走は重賞挑戦という事もあり大敗。
自己条件のここならもう少しやれそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

若葉ステークス

若葉ステークス.JPG

アドマイヤフジ
テイエム・ケイアイの飛ばしそうな今回、長くいい脚を使うもののやや他力本願な所のあるこの馬にとっては願ったり叶ったり。
前走きさらぎ賞では圧倒的に前有利の展開も、コンゴウリキシオーやマキハタサーメットに後方から一気に詰め寄りました。
この中間は更に攻めを強化し、態勢は万全。
京都に比べ、デビュー勝ちの阪神なら直線の坂で更に強さを増しそうです。

シックスセンス
後方で溜める競馬を確実に身に付け、毎回コンスタントに速い上がり時計を繰り出しています。
ただヨーイドンで脚を使うのは上手ですが、マクっていった時にそれが使えるか。
もしくはまたも直線だけの競馬をするのか。
いずれにせよ、四位騎手の手腕に懸かっています。

グッドネイバー
上がり3ハロンに注目するとそれほど速いタイムは持っていないのですが、早めから長くいい脚を使ってここまで安定した成績を残しています。
今回は展開が向きそうです。
ただ、今週は思った通りの調教が出来なかったのが誤算。
それがオーバーワークになっていなければ良いのですが…。

マイネルハーティー
このメンバーなら実力は最上位。
ただ今回は2000mという距離がどうか。
展開面でもスローのヨーイドンが向いていそうなだけに、少し不安です。

タガノデンジャラス
マクリの競馬ならこの馬&安田康彦騎手にも出番があるかもしれません。
前走は出遅れたものの、後方から一気に差し切り。
また中京2歳Sでも同様に、マクリで2着に入っています。
中間は例によって終いを伸ばす調教でした。

テイエムヒットベ
ここのところ思うような成績が上げられていません。
しかし2番手を追走した前走のきさらぎ賞では内容の濃い5着。
立ち回り次第では十分通用します。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:59| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーカップ

フラワーカップ.JPG

シーザリオ
ここまで2戦2勝で、それぞれ負かした相手がチューリップ賞3着ダンツクインビーときさらぎ賞3着のアドマイヤフジ。
重賞級であることは既に証明済みです。
今回は前走から比べると随分楽な相手。
ある程度速くなりそうなのも、持続力のあるこの馬に持って来いです。

ラドランファーマ
前走クイーンCではあと少しというところで3着に敗れてしまいました。
ただ、それまでと違って速い流れのレースを経験できたのは今後の強みになりそうです。
この馬も持続力には優れていると思いますので、今の中山コースには向いているはずです。

ウェディングヒミコ
ラドランがホワイトマズル産駒なら、こちらはコマンダーインチーフ産駒。
これも同じく持続力を問われるレースで強さを発揮する1頭だと思います。
馬自体も使いつつ結果を残し、前々走・前走と強い内容でした。
ここが力試しの場になりますが、そう力量差はないと思います。

シャルムーズ
前走はダートで大敗。
2戦1勝でまだまだ未知数なところが多いのですが、血統構成からはここをこなせても何ら不思議ではありません。
中間の動きも良く、今回のレースは同じサンデー産駒でもサオヒメよりもコチラの方が合っていそうです。

スルーレート
前走ヒヤシンスSでは牡馬に混じって走りましたが、ハナを切れず惨敗。
ただハナさえ切れれば芝の今回もそこそこやれるだけの力は持っています。
5走前にレコード勝ちしているように、スタミナが豊富そうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 10:31| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

特別登録(19日/20日)

flower cup.JPG

wakaba stakes.JPG

yukiwarisou.JPG

freezea.JPG

spring stakes.JPG


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別登録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリーズレビュー結果

フィリーズレビュー結果.JPG

大澤繁昌.bmp

1着はラインクラフト
ここは完勝でした。
というのもインタビューで福永騎手が「本番の1600mで勝つ為に、遅めに仕掛けた。」と答えていた事から窺えます。
今回の条件では明らかに格が違ったという印象です。
直線で少しヨレる面も覗かせましたが、道中ではジョッキーの指示に従って折り合っていました。
ただ本番でも追い込むとなると紛れが生じますので、阪神JFの二の舞になりかねません。
本番直前の陣営のコメント等に注目です。

2着はデアリングハート
直線抜け出すと一旦はエアメサイアに交わされましたが、そこからもうひと踏ん張り。
並んでからの勝負強さが目に付きました。
そしてようやく本賞金を加算し、桜花賞への切符を手中に。
本番でも粘り強い走りをして欲しいです。

3着はエアメサイア
出走権を得て本番に挑む事ができます。
ただ今後の事を考えると、せめて2着で賞金を上積みしておきたかったところです。
もう一歩というところは、やはり母親譲りなのでしょうか。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 17:15| Comment(0) | TrackBack(4) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスタルカップ結果

クリスタルカップ結果.JPG

深見敏男.bmp

1着はディープサマー
新馬戦でストーミーカフェに大差で勝ち、函館2歳Sでアンブロワーズの2着、朝日杯FSで0.6差の6着、シンザン記念でペールギュントの0.4差4着と流石に強い相手に揉まれてきただけの事はありました。
終わってみれば圧勝です。
ここまで2-1-1-4の内、1200mでは2-1-0-0。
フルに力を発揮できる距離は1200mという事でしょうか。
現状、6ハロン戦では敵なし。
ただ距離延長となると、依然疑問符が残ります。
今後のローテが気になります。

2着はコパノフウジン
芝では新馬戦2着、朝日杯FSで12着と振るいませんでした。
それはダートでも言える事で、未勝利戦を勝った後はもちの木賞でキャントンガールに完敗しています。
しかし年が明けて飛梅賞で1着、バイオレットSでダート4連勝・ドンクール2着とまるで別馬のように成長したようです。
なるほどの2着。
距離はまだ未知数の処が多いですが、出て来ればニュージーランドTでも面白い存在になるかもしれません。

3着は圧倒的1番人気のアイルラヴァゲイン
チグハグなレースであったのと同時に、今回は相手が強かったという事でしょう。
何とか追い上げましたが、完敗でした。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 16:42| Comment(0) | TrackBack(3) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィリーズレビュー

フィリーズレビュー.JPG

ラインクラフト
チューリップ賞からの連闘馬など、非常にメンバーが揃いました。
その中でも阪神JF最先着のこの馬が勝つ可能性は極めて高いはずです。
前走も不利さえ無ければという結果でした。
同じ父のスイープトウショウとは異なり、気性も素直でスッと先行する事が可能。
加えて繰り出す末脚には素晴らしいものがあります。

ジェダイト
前走エルフィンSは惜しいアタマ差でした。
しかし先行激化が予想される今回は、母父にNijinskyを持つこの馬の粘り強さをフルに活かせそうです。
デムーロ騎手が上手く前に付けてさえくれれば勝ち負けは可能なはず。

デアリングハート
ここのところ展開に恵まれず、なかなか2勝目が挙げられません。
今回は先にも述べた通り、Hペースが期待できそうです。
母の父Danzigから受け継いだ、トップギアに切り替える速さはいかにも阪神の速い流れに向いています。
ここが正念場、なんとか権利を手中に収めたいものです。

エアメサイア
デビュー以来3着以下は無しで、流石血統馬という戦績です。
この馬にとっても展開は向くはずで、武豊ジョッキーがどのポジションに付けるか。
あまり後ろ過ぎると厳しいでしょうが、好位にスンナリ付ければ好勝負必至です。

モンローブロンド
ラインクラフトとの勝負付けは済んでいるものの、前走阪神JFは度外視。
本来先行してナンボの馬だと思います。
鞍乗に三度佐藤哲三ジョッキーを迎え、自分の競馬で巻き返しを図ります。

コスモマーベラス
阪神JFは出遅れて10着に惨敗。
しかし新聞のそこを塗り潰せば1着・2着・■■・1着。
ここで権利を得ても、決して大駆けとは言えません。
またジェダイトと同じ母父Nijinsky。
低評価に甘んじていますが、走っても当然です。

ブリトン
新馬戦ではオリエントチャームのクビ差2着。
また前走の勝ち内容も悪くなく、ひょっとしたらと思わせる1頭です。
あとは2ハロン延長がどう出るか。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスタルカップ

クリスタルカップ.JPG

アイルラヴァゲイン
圧勝だったクリスマスローズS以来の登場となりますが、臨戦態勢は整った模様です。
今週水曜は古馬1000万クラススターオブニルスと併せ、楽に先着。
相手が一杯に追われたのに対し、馬なりで好タイム。
力関係でもここは最上位ととれるだけに、大きな崩れはないはずです。
あとはペースに対応しきれるかでしょう。

チアフルワールド
前走クロッカスSは逃げに近い先行で最後までシッカリ伸びるという、非常に内容のあるレースでした。
安定して走れる強みはここでも大きな武器。
1番人気で大きく敗れたクリスマスローズSの雪辱を果たせるでしょうか。

エネルマオー
ここで上位の走破タイムこそないものの、叩き3走目・初の中山コースで変わりそうです。
前崩れの展開で前走見せた切れ味が活かせるようなら、勝ち負け出来ていいかと思います。

セレスエンブレム
ダートで連勝し、2戦2勝。
また先週・今週と栗東坂路で古馬に先着。
能力はかなりのものを秘めていそうです。
芝もこなせるようなら、上位に顔を出してもおかしくないと思います。

マイネルアルビオン
クリスマスローズSではアイルラヴァゲインの3着。
前走は距離が長かったのか、惨敗。
当然ここは巻き返してくるでしょう。
絶好調の松岡正海ジョッキーが前に付けるのか、中団から差すのか。
注目です。

フサイチアンテウス
ジュニアC以来の芝でのレースとなります。
デビュー戦で見せた決め脚が嵌れば、ここでも通用しそうです。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 12:27| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆきやなぎ賞結果

ゆきやなぎ賞結果.JPG

伊吹.bmp

1着はイブキレボルシオン
逃げるアドマイヤタカを終始マーク。
相手がバテるのを尻目に力強く伸びました。
これまで後方からの競馬で思うように結果が残せていませんでしたが、今回は一変先行策で新境地を開きました。

2着はインティライミ
後方からマクって悔しいクビ差。
ただこの距離も問題なく、今後に大きな期待の持てるレースでした。

3着はケージーツヨシ
こちらもインティライミと同じようなところから仕掛けましたが、一歩遅れた分が着差に出てしまいました。
とはいえ、こちらも次走は勝ち負け。
このメンバーでこれだけやれたのは評価できます。


blog Ranking tbfgreen
posted by 恐れ入ります at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。