2005年02月26日

すみれステークス

すみれステークス.JPG

アドマイヤタカ
前走は初戦と打って変わって先行し、長くいい脚を見せてくれました。
その脚は恐らく京都より阪神、そう思わせるものでした。
今回はスンナリ決めたいところです。

ダンツキッチョウ
昨夏の札幌2歳Sでは、先日の共同通信杯を逃げ切るなど高いレベルで活躍しているストーミーカフェの2着。
それも出遅れて0.1差まで詰め寄ったのですから、能力では群を抜いています。
ただ今回は調教でロードマジェスティに煽られ、ピリッとしませんでした。

コウエイマーブル
約4ヶ月ぶりとなった前走で気性面に大きな成長が見られた気がします。
休み前は出遅れたり、気の悪い面を覗かせていました。
それでいてペールギュントと僅差のレースをしたりと、随処で素質の片鱗は見せていました。
上手く折り合いが付けば、大掛けは十分に有り得ます。

ケイアイヘネシー
本来なら平均以上のペースが望ましいのですが、開幕集の馬場を考えるとマイペースで行けそうな今回は少し違いそうです。

ミツワスカイハイ
前走で敗れたもう一頭のダンスインザダーク産駒、オープンエアーと比べると決め手勝負ではコチラが勝ります。
3前走でローゼンクロイツに1秒も離されているので少し厳しいとは思いますが、距離延長で前進はありそうです。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水仙賞

水仙賞.JPG

コスモオースティン
500万下・オープンで好走が続いています。
またその堅実さの裏返しが詰めの甘さである事も否定できません。
しかしながらこれまでに比べると出走メンバーにオープン好走馬はカンペキしかおらず、相手関係がグンと楽になった事は一目瞭然です。
これなら惜敗続きに終止符を打てそうです。

カンペキ
コスモと同様にここでは実績上位です。
また前の止まらない馬場は、この馬にもプラス材料です。

メガトンカフェ
ここでは血統面で図抜けた存在です。
確かに初戦で負かした相手は500万下でパッとせず、2戦目ではキャリアの浅さを露呈してしまいました。
しかし、追い切り内容からは休養が良い結果になっていると思える節もあります。
これまでと一変して、アッサリ勝っても不思議ではありません。

アクレイム
前走は3方が壁になり、なかなか抜け出せず2着。
スムーズな競馬なら恐らく楽勝だったでしょう。
今回は中山コースですので、前走以上に位置取りが鍵になります。

エアフォルツァ
前走のゆりかもめ賞では引っ掛かってレースになりませんでした。
折り合いさえ付けば、ここでも通用する素材です。
初騎乗の横山典ジョッキーがどう乗るでしょうか。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーリントンカップ結果

アーリントンカップ結果.JPG

ビッグ.png

1着はビッグプラネット
まず驚いたのがロケットスタートでした。
ここ最近、あんなゲートは見た事がありませんでした。
当にお手本とも言えるゲートでした。
そして、テンと終いの1ハロンを除いて全て11秒台のラップ。
さすがに終いは甘くなりましたが、キャリア2戦目にしては素晴らしい内容でした。
距離は今日くらいが良さそうで、これ以上の距離で相手が一線級になると少し辛そうです。

2着はセイウンニムカウでした。
今日のレースはハッキリ言って100%の力を出し切れていません。
というのも、アンカツジョッキーの位置取り。
これまでの好走や良好で前の止まらない馬場を見ていれば、7番手追走はありえない乗り方だと思います。
西山オーナーや上原調教師にとっては、着差以上に悔しい2着ではないでしょうか。

3着はインプレッション
休み明けの上、調教でもサムソンハッピーに煽られていた事を考えれば上出来ではないでしょうか。
松永幹夫騎手が最も得意とする好位抜け出し、コンビの相性は抜群です。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きんせんか賞結果

きんせんか賞結果.JPG

荻原昭二.bmp

1着はウェディングヒミコでした。
向正面で2番手に押し上げると、直線は力強く抜け出しました。
横山典ジョッキーが進言して3ハロン短縮、そして見事に勝利。
コマンダーインチーフ産駒の特徴を存分に引き出した内容でした。

2着は逃げ粘ったヴァーチュ
状態の良い馬場を考えてか、ペリエ騎手の好判断。
ただ欲を言えば、もう少し速いペースで逃げて貰いたかった。
一族の特徴を活かすのはもっと厳しい流れになった時だと思います。

3着はマイネコンテッサ
最速の上がり35.1で突っ込んで、惜しいハナ差。
ジュニアカップでの惨敗も出遅れを度外視すれば、ここで圏内に入ってくる馬だという結果でした。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーリントンカップ

アーリントンカップ.JPG

セイウンニムカウ
以前から血統に注目していた一頭ですが、やはり走ってきました。
カーネギー×ジェイドロバリー牝馬でNorthern Dancerを3*5、Specialを4*4、Native Dancerを5*5で内包しています。
プチ・エルコンドルパサーって感じですか。
またそれだけでなく祖母がマークプロミス、つまりアグネスタキオンらの出るイコマエイカンの牝系ですね。
この重厚かつスピードをもった配合なら朝日杯FSでの好走も頷けます。
そしてここでは同レース最先着となります。
人気はありませんがアンカツを配して西下してきたあたり、勝負気配プンプンです。

マルカジーク
オープン入りしてからはあと一歩、詰めの甘い競馬が続いています。
人気はしていますが、恐らくここでも同様のレースになりそうです。

インプレッション
昨年末のこのコースでロードマジェスティを楽々抑えて勝利しています。
コース・距離・展開とも向きそうですが、朝日杯FS組との力関係が掴みづらい馬です。

エイシンヴァイデン
帰厩後ビシビシ追われて、臨戦態勢は万全です。
朝日杯FSの惨敗は位置取りだったと思いますので、今回福永ジョッキーがどう補正してくるか。
57kgでも十分勝負になりますが、終いに懸けるような乗り方をするとどうでしょうか…。

ロードマジェスティ
インプレッションに敗れたものの、マイルは2-1-0-0と得意にしています。
うまく流れに乗れれば、雪崩れ込みで3着以内は十分です。

ビッグプラネット
前走の新馬戦が圧巻でした。
スッとハナに立つとブッ千切りでゴールイン。
しかし今回は展開も変り、相手も一気に強化されますので、キャリアの浅い馬にとっては少し厳しいように思います。

ライトニングボール
先週のクイーンCを制したライラプスの従兄弟に当たります。
休み明け3走目ですので、先団で流れに乗れば前々走以上の走りが期待できます。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 12:20| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きんせんか賞

きんせんか賞.JPG

プリンセスイブ
前走クイーンCではスタート直後にトモを落とすアクシデント。
それでも6着に来ているのですから立派です。
今回は1-1-0-0と好相性の中山。
巻き返しに期待です。

ウェディングヒミコ
ここまで1-3-0-2と抜群の安定感。
また展開にも左右されにくそうです。
しかしどちらかというと速い流れの方が嵌りそうで、今回の距離短縮と併せてチャンスです。

ヴァーチュ
放牧を挟んだ事で立直しに成功したようです。
2ハロンの延長が気になりますが、叔父にノーリーズン、グレイトジャーニーのいる血統はいかにも中山に向いていそうです。
また母父にDanzigが入っていますので、トップギアに素早く入れる事にも長けていそうで注意です。

ヤマニンアリエル
前述ヴァーチュや種牡馬トワイニングなどと同牝系で、母はヤマニンパラダイス。
こちらも母父Danzigで、ヴァーチュとよく似た血統構成になっています。
ただ全兄姉を見ていても判るように、早熟・一本調子でパンチ力に欠けている気がします。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。