2005年01月30日

特別登録(5日/6日)

harunasho.JPG
moegi.JPG
elfin.JPG
baika.JPG
kyoudou.JPG

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別登録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くすのき賞の結果

kusunoki.JPG

1着はコンゴウリキシオー
他に逃げる馬も突く馬もおらず、楽勝。
思い通りのレースが出来ました。
デビュー戦で敗れたディープインパクトとの再戦でもマイペースでいけばもう少し迫れるかもしれません。

2着はバトルフエルテ
タヤスツヨシ×ミルジョージといかにも地方のダートを思わせる配合ですが、芝で一変しました。
前半37.0-後半35.4というタイムを見ると、芝の長丁場で走りを見たい気がします。

3着はマヤノスターダム
今回のペースではまだまだ温かったようです。
もう少し距離を短縮すれば面白いかもしれません。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオレットステークスの結果

violet2.JPG

1着はドンクール
これでデビュー以来、3連勝となりました。
今回の勝因はドラゴンアローが控え、ロードウィズダムのペースになった事が大きいと思います。
そのロードが刻んだラップは前半3ハロン35.6とそう速くなく、前残りの馬場でもキッチリ差せました。
次走以降適当な番組が無さそうですが、時計勝負でどのような競馬を見せてくれるでしょうか。

2着は1番人気のコパノフウジンでした。
コチラの敗因も同じくペースに因るものでしょう。
それでも2着にくるあたり、昨秋から大きく成長している証拠です。

3着は逃げたロードウィズダム
馬場を味方につけてよく粘りました。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:40| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セントポーリア賞の結果

St.paulia2.JPG

1着は後方2番手から鋭く伸びたエイシンサリヴァンでした。
1頭だけ別次元の上がり3ハロン33.4という末脚。
後方でキッチリ溜めれば伸びる馬だという事が解りました。
次走はどこを使ってくるのか注目です。

2着はスペシャルウィーク産駒のアクレイム
直線を向くと絶好の手応えでしたが、外から被せられ内から詰め寄られ踏んだり蹴ったりでした。
それでいて34.1の脚を使っているのですから、不利がなければ勝っていました。
まだ3戦でこれだけのパフォーマンスですので、今後も注目したいと思います。

3着は唯一の関西馬オールインサンデー
4ハロン標識手前ではガツンと伸びそうな素振りを見せましたが、位置取りが少し前だったのか。
展開次第では次走以降も勝ち負けです。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くすのき賞

kusunoki.JPG

コンゴウリキシオー
デビュー戦では前半39.5-後半34.1の2:04.5と勝っててもおかしくない内容でしたが、1頭異次元の走りをする馬がいたので仕方ありません。
前走はキッチリと決めてきたあたり、この馬も素晴らしい能力を持っている表れです。
展開不問でここも勝ち負けです。

フジヤマグラス
ここ2走でようやく頭角を現してきました。
3前走の未勝利戦とここ2戦を見て判るように、小回りの小倉は向いていそうです。
あとはグラスワンダー産駒に多く見られる粘り強さを長谷川騎手が上手く引き出せるでしょうか。
ハナでも切れば逃げ切りという事もありそうです。

マヤノスターダム
新馬戦、3前走、前々走と上がりの掛かるレースでは専ら走ります。
ですので小回りの今回はある程度テンが速くなりそうで、侵出しそうです。
器用さもありそうで、橋本美純騎手なら上手く乗ってくれそうです。

ウォーターヘンリー
同じく上がり時計が掛かれば好走している1頭です。
今回の鍵は小回りをこなすだけの器用さを持っているかです。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 01:06| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオレットステークス

violet.JPG

コパノフウジン
前半3ハロンのラップタイムが34.6とかなりの速い流れで上がり3ハロン37.8の決め脚を使ったのには圧巻でした。
今回の出走メンバーではドラゴンアローがそれに近いラップで引っ張りそうですので、ここも突破する可能性大です。

シベリアンホビー
3前走、前々走でレコードタイムを連発したこの馬にとっても速い流れは望むところです。
離されたとはいえ、交流GT3着の実績も光ります。
溜めていくのか、ハナを叩いていくのかが見物です。

レッドペガサス
着差だけならこの馬も負けていません。
シベリアンと同じく、前々走でケンタッキーダービーに挑戦予定のプライドキムに0.8差です。
そして前走の園田ジュニアCを制し、もはや兵庫に敵無しです。
重賞で2着の分、斤量が他馬より1kg重い57kgですが、ただの地方馬ではないという事を見せ付けてくれるはずです。

ドラゴンアロー
前走の内容はなかなかのものでした。
今回は前走以上に走らないと厳しいようですが、中間の動きからはまだ上昇中といった感じですので、警戒は当然必要です。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 00:42| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セントポ−リア賞

St.paulia.JPG

アクレイム
恐らくコクサイトップラヴが単騎で行く展開になりそうですが、そう速くはなくむしろスローになりそうです。
そこで東京のスローで決め手が増しそうなのがこの馬です。
中山でのデビュー戦は前半3ハロン38.8を終い34.6で纏めています。
中山でそれだけ切れるのですから、当然東京コースではもっとスピードにのって坂を駆け上がる事でしょう。
クロッカスSのパリブレストと同じスペシャルウィーク産駒なので、洋芝中心で力のいる馬場は望むところでしょうし、鞍乗がペリエ騎手というのも心強いです。
また臼田浩義オーナーは昨年のハイアーゲームに続いて連続制覇し、愛馬スペシャルウィークの息子でクラシックに挑むことが出来るでしょうか。

バブルエスティーム
東京の実績ならNo.1はこの馬です。
3前走の未勝利戦では3番手から上がり3ハロン34.3の豪脚を繰り出しています。
今回は陣営も後方待機策を採りたいようで、更に鋭い決め脚が飛び出しそうです。
また横山典騎手なら存分に能力を引き出してくれそうです。

エイシンサリヴァン
巷では距離不安が囁かれているようですが、遡ればShantouの出る牝系でスタミナ色の強い馬のインブリードが鏤められています。
確かにShantouに比べると大きくスピード型にシフトしている配合ですが、先に書いた通りスタミナ系種牡馬のクロスがありますので、東京のタフなコースには向いています。
ここまでの敗戦は距離云々の問題ではないはずです。

ニューヨークカフェ
京成杯を感冒で取り消しましたが、中間は至って順調です。
ここまではパッとしませんが、不器用そうで中山よりも東京の広いコースで真価を発揮しそうです。
また血統が血統だけに無視する事は出来ません。

オールインサンデー
恐らく人気になりそうですが、あまり買い被るのは危険だと思います。
デビュー戦でアドマイヤジャパンの0.3差とはいえ、完全に遊ばれてのもの。
スローよりむしろ速めの流れ、もしくはマイル前後の方が能力をフルに活かせる気がします。
ただポテンシャルは高いので、鞍乗の武豊騎手も含めて押さえが必要でしょう。

ヴェルティージュ
初勝利まで3戦を要しましたが、緒戦はダイワアプセットを相手に出遅れながら0.1差でした。
その時の上がり3ハロンが34.7と東京に向いていそうで、カーネギー×Silver Hawkという大味な配合も魅力的です。
押さえておいて損はないと思います。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 00:17| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。