2005年01月30日

特別登録(5日/6日)

harunasho.JPG
moegi.JPG
elfin.JPG
baika.JPG
kyoudou.JPG

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別登録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くすのき賞の結果

kusunoki.JPG

1着はコンゴウリキシオー
他に逃げる馬も突く馬もおらず、楽勝。
思い通りのレースが出来ました。
デビュー戦で敗れたディープインパクトとの再戦でもマイペースでいけばもう少し迫れるかもしれません。

2着はバトルフエルテ
タヤスツヨシ×ミルジョージといかにも地方のダートを思わせる配合ですが、芝で一変しました。
前半37.0-後半35.4というタイムを見ると、芝の長丁場で走りを見たい気がします。

3着はマヤノスターダム
今回のペースではまだまだ温かったようです。
もう少し距離を短縮すれば面白いかもしれません。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオレットステークスの結果

violet2.JPG

1着はドンクール
これでデビュー以来、3連勝となりました。
今回の勝因はドラゴンアローが控え、ロードウィズダムのペースになった事が大きいと思います。
そのロードが刻んだラップは前半3ハロン35.6とそう速くなく、前残りの馬場でもキッチリ差せました。
次走以降適当な番組が無さそうですが、時計勝負でどのような競馬を見せてくれるでしょうか。

2着は1番人気のコパノフウジンでした。
コチラの敗因も同じくペースに因るものでしょう。
それでも2着にくるあたり、昨秋から大きく成長している証拠です。

3着は逃げたロードウィズダム
馬場を味方につけてよく粘りました。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:40| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セントポーリア賞の結果

St.paulia2.JPG

1着は後方2番手から鋭く伸びたエイシンサリヴァンでした。
1頭だけ別次元の上がり3ハロン33.4という末脚。
後方でキッチリ溜めれば伸びる馬だという事が解りました。
次走はどこを使ってくるのか注目です。

2着はスペシャルウィーク産駒のアクレイム
直線を向くと絶好の手応えでしたが、外から被せられ内から詰め寄られ踏んだり蹴ったりでした。
それでいて34.1の脚を使っているのですから、不利がなければ勝っていました。
まだ3戦でこれだけのパフォーマンスですので、今後も注目したいと思います。

3着は唯一の関西馬オールインサンデー
4ハロン標識手前ではガツンと伸びそうな素振りを見せましたが、位置取りが少し前だったのか。
展開次第では次走以降も勝ち負けです。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くすのき賞

kusunoki.JPG

コンゴウリキシオー
デビュー戦では前半39.5-後半34.1の2:04.5と勝っててもおかしくない内容でしたが、1頭異次元の走りをする馬がいたので仕方ありません。
前走はキッチリと決めてきたあたり、この馬も素晴らしい能力を持っている表れです。
展開不問でここも勝ち負けです。

フジヤマグラス
ここ2走でようやく頭角を現してきました。
3前走の未勝利戦とここ2戦を見て判るように、小回りの小倉は向いていそうです。
あとはグラスワンダー産駒に多く見られる粘り強さを長谷川騎手が上手く引き出せるでしょうか。
ハナでも切れば逃げ切りという事もありそうです。

マヤノスターダム
新馬戦、3前走、前々走と上がりの掛かるレースでは専ら走ります。
ですので小回りの今回はある程度テンが速くなりそうで、侵出しそうです。
器用さもありそうで、橋本美純騎手なら上手く乗ってくれそうです。

ウォーターヘンリー
同じく上がり時計が掛かれば好走している1頭です。
今回の鍵は小回りをこなすだけの器用さを持っているかです。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 01:06| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオレットステークス

violet.JPG

コパノフウジン
前半3ハロンのラップタイムが34.6とかなりの速い流れで上がり3ハロン37.8の決め脚を使ったのには圧巻でした。
今回の出走メンバーではドラゴンアローがそれに近いラップで引っ張りそうですので、ここも突破する可能性大です。

シベリアンホビー
3前走、前々走でレコードタイムを連発したこの馬にとっても速い流れは望むところです。
離されたとはいえ、交流GT3着の実績も光ります。
溜めていくのか、ハナを叩いていくのかが見物です。

レッドペガサス
着差だけならこの馬も負けていません。
シベリアンと同じく、前々走でケンタッキーダービーに挑戦予定のプライドキムに0.8差です。
そして前走の園田ジュニアCを制し、もはや兵庫に敵無しです。
重賞で2着の分、斤量が他馬より1kg重い57kgですが、ただの地方馬ではないという事を見せ付けてくれるはずです。

ドラゴンアロー
前走の内容はなかなかのものでした。
今回は前走以上に走らないと厳しいようですが、中間の動きからはまだ上昇中といった感じですので、警戒は当然必要です。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 00:42| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セントポ−リア賞

St.paulia.JPG

アクレイム
恐らくコクサイトップラヴが単騎で行く展開になりそうですが、そう速くはなくむしろスローになりそうです。
そこで東京のスローで決め手が増しそうなのがこの馬です。
中山でのデビュー戦は前半3ハロン38.8を終い34.6で纏めています。
中山でそれだけ切れるのですから、当然東京コースではもっとスピードにのって坂を駆け上がる事でしょう。
クロッカスSのパリブレストと同じスペシャルウィーク産駒なので、洋芝中心で力のいる馬場は望むところでしょうし、鞍乗がペリエ騎手というのも心強いです。
また臼田浩義オーナーは昨年のハイアーゲームに続いて連続制覇し、愛馬スペシャルウィークの息子でクラシックに挑むことが出来るでしょうか。

バブルエスティーム
東京の実績ならNo.1はこの馬です。
3前走の未勝利戦では3番手から上がり3ハロン34.3の豪脚を繰り出しています。
今回は陣営も後方待機策を採りたいようで、更に鋭い決め脚が飛び出しそうです。
また横山典騎手なら存分に能力を引き出してくれそうです。

エイシンサリヴァン
巷では距離不安が囁かれているようですが、遡ればShantouの出る牝系でスタミナ色の強い馬のインブリードが鏤められています。
確かにShantouに比べると大きくスピード型にシフトしている配合ですが、先に書いた通りスタミナ系種牡馬のクロスがありますので、東京のタフなコースには向いています。
ここまでの敗戦は距離云々の問題ではないはずです。

ニューヨークカフェ
京成杯を感冒で取り消しましたが、中間は至って順調です。
ここまではパッとしませんが、不器用そうで中山よりも東京の広いコースで真価を発揮しそうです。
また血統が血統だけに無視する事は出来ません。

オールインサンデー
恐らく人気になりそうですが、あまり買い被るのは危険だと思います。
デビュー戦でアドマイヤジャパンの0.3差とはいえ、完全に遊ばれてのもの。
スローよりむしろ速めの流れ、もしくはマイル前後の方が能力をフルに活かせる気がします。
ただポテンシャルは高いので、鞍乗の武豊騎手も含めて押さえが必要でしょう。

ヴェルティージュ
初勝利まで3戦を要しましたが、緒戦はダイワアプセットを相手に出遅れながら0.1差でした。
その時の上がり3ハロンが34.7と東京に向いていそうで、カーネギー×Silver Hawkという大味な配合も魅力的です。
押さえておいて損はないと思います。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 00:17| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月29日

クロッカスステークスの結果

crocus2.JPG

1着は中団から直線でジリジリ伸びたパリブレスト
チアフル、ディープそれに絡んだメジロがつくったのは前半3ハロン34.3という私が想像していた以上の時計でした。
そうなると展開はこの馬のものです。
前の潰し合いに乗じて見事クビ差で勝利しました。
上がり3ハロンはメンバー中最速の34.7。
ただこのカテゴリーで今後通用するかといえば、展開の助けが必要になる事は言うまでもありません。
距離を伸ばしていって新たな一面が見られるか、今後に注目です。

2着はチアフルワールド
テレビ東京のカメラアングルでは勝ったかと思いました。正直、よく粘ったという印象です。
この要因は潰し合う他の2頭とは違い、前半3ハロン34.9というマイペース(3前走の未勝利戦は34.7)でペリエ騎手が進めたからでしょう。
3勝目はもう目の前です。

3着はディープサマー
無理にメジロを交わして前半3ハロン34.3のハイラップを刻めば、最後垂れてしまったのは当然でしょう。
ただ4着以下に2馬身の差を付けているのは能力の高さの証拠です。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こぶし賞の結果

kobusi2.JPG

1着は最後方からレースを進めたオリエントチャームでした。
チャレンジシチーのつくった前半35.5の展開を、34.5というメンバー中最速(ブッ千切り)の上がり時計で差しきるという内容。
現時点では同時期の全兄ゴールドアリュールを遥かに超えています。
私は前走の紅梅Sに続き、またオリエントチャームを甘く見ていました。
次走はトライアルに駒を進める事になるでしょうが、展開次第では面白い存在になるはずです。

2着には8番人気のビッグファントム
中団よりやや後方からの競馬でした。
ただ洋芝中心の馬場や展開に助けられた感は否めません。
次走で過剰に人気するようなら、避けたい1頭です。
余談ですが、京都も東京もスペシャルウィーク産駒がよく駆けているようです。

3着はタガノデンジャラスでした。
3番手集団からのチグハグな競馬でした。
やはり後方一気の戦法が合っているようで、次走安田康彦騎手に乗り替わるようなら買いです。

ベストマインドはやはり3角手前から掛かってしまい、4角過ぎで失速して8着。
気性面での成長が必要です。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 16:44| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロッカスステークス

crocus.JPG

パリブレスト
レースの流れを作るのは恐らくチアフルワールドになるでしょう。
そうすると前半の3ハロンは34.5-35.0あたりで流れ、最後の直線では我慢勝負になるはずです。
緒戦は番手で際どく粘り勝ちでしたが父がスペシャルウィークということもあり、東京コースでその粘りを更に活かす事が出来そうです。
少々先物買いのような気がしますが、狙うなら今回だと思います。

ディープサマー
デビュー以来、常に上のクラスで好走しています。
しかしながらなかなか勝ちきれない現状です。
展開はスローもハイペースも気にならないタイプですので、今回も安定感のある走りをみせてくれそうです。
また終い重点とはいえ、中間は栗東DWコースで好調教でした。
今回から装着するチークピーシーズの効果にも注目です。

チアフルワールド
前走は速い馬がいて自分の展開を作れませんでしたが、今回はスンナリ先手を取れそうです。
あとは洋芝中心のタフな馬場をどう攻略するかがポイントです。

アドマイヤムサシ
デビュー以来、未だにチグハグなレースが続いている感があります。
しかし今回のような展開はヨーイドンの競馬より絶対に向くはずです。
ですので、あまり後ろ過ぎず前を射程圏に入れながらレースを運べば良さを引き出せそうな気がします。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こぶし賞

kobusi.JPG

タガノデンジャラス
前走のシンザン記念では勝ち馬から大きく離されてしまいましたが、前々での競馬でチグハグなレースでしたのでそう悲観する内容ではありませんでした。
今週は終い重点の追い切り、ジョッキーは高田騎手ということで後方から鋭い末脚が見られそうです。
巻き返しは必至です。

オリエントチャーム
2戦目の前走は予想以上の好走、さすが血統馬というレースでした。
ただ前走以上の決め手が見られるかといえばそうも思えず、2番手評価までとしたいです。

ベストマインド
こちらもタガノと同様、終い重点の調教でした。
という事は、中団あたりでジックリ溜めたいという陣営の考えがあるのでしょうか。
ただデビュー戦からのレース内容を見ていると、すぐに引っ掛かってしまう印象があります。
どれだけ我慢できるでしょうか。

ニシノカエデマル
緒戦は駆ける仔が多いニシノフラワーの仔ですが、この馬も例外ではなくデビュー戦を快勝。
その内容はまだまだ余裕タップリでしたので、上積みも見込めます。


blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

そのローテ、自信の表れ

先週の若駒Sで無事にオープン入りした(市)ディープインパクト【栗東 池江郎】は弥生賞(GU)に向かうそうです。
Hペースを上がり3F33.6で突き放し、それも最後は流してゴールインと強烈なインパクトを与えられました。
兄ブラックタイドが若駒S→きさらぎ賞→スプリングSとステップを踏んだのに対し、マイネルレコルトやローゼンクロイツといった強い馬が出走を表明している弥生賞に駒を進めるということは、池江泰郎調教師をはじめ陣営が兄以上に自信を持っている表れのように思えます。


またホープフルS、寒竹賞と惜敗続きの(父)アドマイヤフジ【栗東 橋田】は早く賞金を加算したいとの事で、きさらぎ賞(GV)も視野に入っているそうです。

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 次走報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

特別登録(29日/30日)

1回東京1日目9R
クロッカステークス (オープン)
(特指)(混) 別定 芝1400m
      アドマイヤムサシ  56 バルジ (栗東)橋田
      オールインサンデー 56 武豊  (栗東)浅見
   (市)コスモジェントル  56      (美浦)畠山吉
   (市)ザルート       56      (美浦)萱野
   (外)サンダーペガサス  56 四位  (栗東)森
      ジョインアゲン   56 蛯名  (美浦)中野栄
      ゼンノエキスプレス 56      (美浦)土田
   (外)チアフルワールド  56 ペリエ (美浦)堀井
      チャッティーギャル 54 柴田善 (美浦)高橋裕
      ディープサマー   56 藤田  (栗東)山内
   (父)パリブレスト     56 田中勝 (美浦)小島太
      ビュレットライナー 56 吉田豊 (美浦)秋山
   (外)フサイチセイシロウ 56      (栗東)松田国
      ベストマインド   56      (栗東)山内
   (父)メジロハンター   56 吉田豊 (美浦)大久洋
      ヤマニンアリエル  54 武豊  (栗東)浅見
(父)(地)ラドランロージー  54      (美浦)岩戸



2回京都1日目9R
こぶし賞 (500万下)
(特指)(混) 芝1600m(内)
 (父)[地]アイファーユウホウ 56 木村健 (兵庫)斎藤裕
   (市)ウォーターダッシュ 56      (栗東)鹿戸幸
   (父)ウォーターヘンリー 56      (栗東)武邦
   (市)オメガエンドレス  56      (美浦)加藤征
      オリエントチャーム 54      (栗東)池江郎
      オールインサンデー 56      (栗東)浅見
      カウンタック     56      (美浦)鈴木伸
   (市)コクサイトップラヴ 56 田中剛 (美浦)岩戸
   (外)サンダーペガサス  56      (栗東)森
   (外)シャインリザルト  54      (栗東)武田
      シルクストリート  56      (栗東)加用
      スターペスゲンズイ 56 荻野  (栗東)土門
      タガノデンジャラス 56 安田  (栗東)松田博
   (父)タケカワルキューレ 54 金折  (栗東)松元茂
   (父)チャレンジシチー  56 藤岡  (栗東)作田
      ナムラシゲコ     54 秋山  (栗東)野村
      ニシノカエデマル  56 池添  (栗東)松田正
   (父)ビッグファントム  56 スボリ (栗東)中尾正
   (外)フサイチセイシロウ 56 安藤勝 (栗東)松田国
      プリンセスゴールド 54 渡辺  (栗東)池江郎
      ベストマインド   56      (栗東)山内
      マイネルシルバート 56 長谷川 (栗東)中村
      マヤノスターダム  56 池添  (栗東)坂口大
      ヤマニンアリエル  54      (栗東)浅見
(父)[地]ヨシノカチボシ   56 吉田稔 (名古)錦見



1回東京2日目9R
セントポーリア賞 (500万下)
(特指)(混) 芝1800m
   (父)アクレイム      56 ペリエ (美浦)秋山
      ヴェルティージュ  56 蛯名  (美浦)尾形
   (市)ウォーターダッシュ 56      (栗東)鹿戸幸
   (外)エイシンサリヴァン 56 吉田豊 (美浦)大久洋
   (市)オメガエンドレス  56 柴田善 (美浦)加藤征
      オールインサンデー 56 武豊  (栗東)浅見
   (父)カンペキ       56 石橋脩 (美浦)松永勇
   (市)コクサイトップラヴ 56 田中剛 (美浦)岩戸
      コパノスイジン   56 岡部幸 (美浦)上原
   (外)コンゴウリキシオー 56      (栗東)山内
(父)(地)サキノリュウオー  56 伊藤暢 (美浦)大和田
   (父)サムライジョーイ  56 土谷  (美浦)田子
   (外)シンボリコジーン  56 岡部幸 (美浦)宗像
   (父)チャレンジシチー  56      (栗東)作田
      ナムラユーラシア  56 後藤浩 (美浦)柄崎
      ニューヨークカフェ 56 武豊  (美浦)小島太
   (地)ハクサンフウロ   54 小野  (美浦)和田
(父)[地]バトルノホシ     54 早川  (宇都)堀江富
(父)(市)バトルフエルテ   56 太宰  (栗東)太宰
   (父)バブルエスティーム 56 横山典 (美浦)鈴木康
      プリンセスゴールド 54      (栗東)池江郎
   (地)フレンチムード   54 木幡  (美浦)杉浦
      ヤマニンアリエル  54 武豊  (栗東)浅見
   [地]ヨシノコンドル   56 内田博 (川崎)池田孝
      リワードジオン   56 ボニヤ (美浦)田中清



2回京都2日目9R
バイオレットステークス (オープン)
(特指)(混) 別定 ダ1400m
   (市)アグネスジェダイ  56 スボリ (栗東)森
      アドマイヤムサシ  56      (栗東)橋田
   (市)エネルマオー     56 松永  (栗東)宮本
(父)[地]キミガヨオー     56 宇都  (名古)斉藤弘
      コパノフウジン   56 佐藤哲 (栗東)宮
   (外)サンダーペガサス  56 四位  (栗東)森
   (外)シベリアンホビー  56 藤田  (美浦)手塚
      ジョインアゲン   56      (美浦)中野栄
   (外)センスオブアート  54      (栗東)藤岡健
      ゼンノエキスプレス 56 四位  (美浦)土田
      タータンフィールズ 56      (栗東)崎山
   (外)ドラゴンアロー   56 幸   (栗東)松元省
   (父)ドンクール      56 熊沢  (栗東)梅内
   (外)ネオナート      56 松永  (栗東)中竹
   (外)フサイチセイシロウ 56      (栗東)松田国
   (父)メジロハンター   56      (美浦)大久洋
   [地]レッドペガサス   56 田中学 (兵庫)利國
      ロードウィズダム  56 安藤勝 (美浦)加藤征



1回小倉4日目10R
くすのき賞 (500万下)
(特指)(混) 芝1800m
   (市)ウォーターダッシュ 56 中舘  (栗東)鹿戸幸
   (父)ウォーターヘンリー 56      (栗東)武邦
      ガマン         54      (栗東)福島信
   (外)コンゴウリキシオー 56 中舘  (栗東)山内
      シゲルコレデモカ  56 赤木  (栗東)坪憲
      シルクストリート  56      (栗東)加用
      タマモブライト   56 和田  (栗東)南井
      ダラス         54 木幡  (美浦)成宮
   (父)チャレンジシチー  56      (栗東)作田
   (父)チョウノゾミ     56 旗端  (栗東)坂口則
   [地]トーコーアンタレス 56 松平  (兵庫)吉行
(父)(市)バトルフエルテ   56 太宰  (栗東)太宰
   (父)ビッグファントム  56 赤木  (栗東)中尾正
   (市)フジヤマグラス   56      (栗東)中村
      プリンセスゴールド 54 ルメー (栗東)池江郎
      マイネルシルバート 56 長谷川 (栗東)中村
      マヤノスターダム  56      (栗東)坂口大

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別登録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若菜賞の結果

1回京都8日目10R
若菜賞 (500万下)
(特指)牝馬 ダ1200m
1着 ☆ 6   ネヴァーピリオド  藤田  (栗東)伊藤雄 1:13.1 6人
2着   9   ヤマニンプチフール 四位  (栗東)浅見   クビ 8人
3着 ○ 2 (父)マイソールカラー  福永  (栗東)川村   クビ 3人


1着は特注馬として挙げていたネヴァーピリオド
好スタートからハナに立ちました。
直線では並ばれかけますが、最後まで我慢。
前残りの馬場に助けられた感もありますが、芝ダート不問という事が解かりました。

2着は同じく馬場に助けられたヤマニンプチフール
叩きつつ良化しているようで、米国の名血同士の配合が目覚めようとしています。
また無理にハナに立つよりも、番手追走からの抜け出しが良さそうです。

3着マイソールカラーはさすがダート堅実一族という内容でした。
前残り馬場の中、中団よりやや後方から差して来たのですから能力はかなりあると見て良さそうです。

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若竹賞の結果

1回中山8日目9R
若竹賞 (500万下)
(特指)(混) 芝1600m
1着 △ 8   ダイワアプセット  柴田善 (美浦)増沢  1:35.5 1人
2着   1 (父)ライトニングボール 北村宏 (栗東)作田  1 1/4 3人
3着   4 (外)シンボリコジーン  岡部幸 (美浦)宗像   1  5人


勝ったのは3角から進出し、直線で押し切ったダイワアプセットでした。
2戦目で京王杯4着の実力を発揮したといったところでしょうか。
うまくスピードに乗って使った上がり3ハロン35.5はメンバー中最速でした。
また柴田善→北村宏→柴田善の乗り替わりも良かったようで、ヨシトミ騎手と相性が良さそうです。

2着はサクラトライアンフと迷った挙句に切ったライトニングボール
これまでは2・3番手追走でしたが、今回はハナに立ってのレースでした。
馬の適性を考えての北村宏騎手の好騎乗でした。
スッとハナに立てるスピードがあることは解かりましたので、次走騎乗するであろう藤岡ジョッキーには今日の北村ジョッキーをお手本にして貰いたいです。

3着はシンボリコジーンでした。
好走した要因はスンナリとゲートを出れたことです。
勝ち馬との差は位置取りの差ではないでしょうか。
ゲートさえまともなら充分通用する素材です。

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若菜賞

1回京都8日目10R
若菜賞 (500万下)
(特指)牝馬 ダ1200m
  1      メイショウグレイス 54 石橋守 (栗東)武邦
○ 2   (父)マイソールカラー  54 福永  (栗東)川村
  3      ガラディナー     54 松永  (栗東)北橋
△ 4      ジョウショークイン 54 小牧太 (栗東)境直
  5   [地]ワイラブチャチャ  54 田中学 (兵庫)田中道
☆ 6      ネヴァーピリオド  54 藤田  (栗東)伊藤雄
  7   [地]レキシントンルビー 54 吉田稔 (名古)角田
  8   (父)アイファーラブラブ 54 内田浩 (栗東)梅田
  9      ヤマニンプチフール 54 四位  (栗東)浅見
▲10      アドマイヤヒラリー 54 武豊  (栗東)橋田
 11      ダイショウティアラ 54 渡辺  (栗東)土門
 12 (父)(地)ハチノライデン   54 太宰  (栗東)佐藤正
◎13   (地)ナチュラルメイク  54 安藤勝 (美浦)加藤征


ナチュラルメイクは中央での勝ち鞍は無いものの、道営時代を含めここまで1-3-1-0。
転入後もマイネデセール、リヴァプール、チアフルワールドなど素質馬相手に接戦を演じています。
特に前々走の黒松賞はハイレベルで、そこで2着だったというのは本馬もかなりの能力の持ち主だという現れです。
ここはキッチリ決めたいところです。

マイマスターピースやエボルブの下、母はチェリーコウマンという血統のマイソールカラー
緒戦の勝ち馬はウイングアローの全妹スズカノフジアローと相手が悪かったのですが、2戦目の前走はキッチリ決めてきました。
やはりダートは走る血統です。
中間の内容も上昇一途で、早かれ遅かれこのクラスは突破する馬です。

ダートで一変というよりも前々走までの相手が悪かったアドマイヤヒラリー
その着差が示すように素質はここでも充分通用です。
血統背景からもダートは問題ありませんが、距離短縮が気掛かりです。

前走は中山への長距離輸送が堪えたジョウショークイン
今回は栗東から最も近い京都ですので前走のように引っ掛かる事も無さそうです。
ポインセチア賞の好走を再度期待です。

2戦目でりんどう賞4着のネヴァーピリオドがダートに矛先を変えてきました。
距離はある程度欲しいのですが、スピードを武器に逃げ粘りを期待したいところです。
シャダイカグラなどの出るミリーバード牝系ですので、粘り強いはずです。

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若竹賞

1回中山8日目9R
若竹賞 (500万下)
(特指)(混) 芝1600m
  1   (父)ライトニングボール 56 北村宏 (栗東)作田
  2      コスモスパーブ   56 小野  (美浦)保田
  3 (父)(地)ビックマウンテン  54 郷原  (美浦)笹倉
  4   (外)シンボリコジーン  56 岡部幸 (美浦)宗像
  5 (父)(地)ラドランロージー  54 ボニヤ (美浦)岩戸
  6   (市)コスモジェントル  56 菊沢徳 (美浦)畠山吉
△ 7   (市)トーセンラヴ     56 勝浦  (美浦)戸田
△ 8      ダイワアプセット  56 柴田善 (美浦)増沢
  9      マイネコンテッサ  54 石神  (美浦)畠山吉
 10 (父)[地]ニコニコヨークン  56 牧原  (川崎)照沼
○11 (父)(市)シャコーサクセス  56 後藤浩 (美浦)勢司
 12 (市)(地)コスモヘブン     56 大庭  (美浦)嶋田潤
▲13 (父)(市)トップガンジョー  56 穂刈  (美浦)和田
◎14      ニシノナースコール 54 吉田豊 (美浦)尾形
 15   [地]ドラゴンウィン   54 金井  (高崎)森山
△16   (父)サクラトライアンフ 56 横山典 (美浦)勢司


デビュー戦でスケールの大きさを窺わせたニシノナースコールに期待したいと思います。
休み明けですが仕上がりは良好で、緒戦で見せた決め手を発揮できそうです。
父は中山好相性のブライアンズタイム、従兄弟に京都大賞典のナリタセンチュリーと血統面も文句無しです。

対抗は未勝利戦での内容が濃かったシャコーサクセス
出遅れての差し切りは評価できますし、今回も展開を見方に付けれそうです。

シャコーサクセスと同じレースで同じく出遅れて3着のトップガンジョー
こちらは時計面で非常に安定感があります。
またニシノと同じく父はBT系ですので、コース適性もあるのではないでしょうか。

ハナを切れば渋太いレースをするトーセンラブ
前走は中団からでいいとこなしでしたが、積極策で再度見直しです。

2000mから距離短縮のダイワアプセット
ただ個人的に7ハロンあたりを押し切る内容が向いていそうだと思っているので、評価は控えめにしておきます。
あとは柴田善騎手が積極的にレースを運ぶかどうかです。

もう1頭は1枠のライトニングボールと迷いましたが、今の中山は横山典弘追い込み天国ですので、サクラトライアンフに注目します。
こちらも展開面で浮上しそうで、臨戦体勢も整っています。
昨日の若駒Sのように同厩舎(シャコーとの)ワンツーもありえます。

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

若駒ステークスの結果

1回京都7日目10R
若駒ステークス (オープン)
(特指)(混) 別定 芝2000m(内)
1着 △4 (市)ディープインパクト 武豊  (栗東)池江郎 2:00.8 1人
2着 ○5 (市)ケイアイヘネシー  松永  (栗東)池江郎  5  6人
3着 ▲7   インプレッション  福永  (栗東)沖     2  2人


終わってみればディープインパクトの完勝、クラシックに向けキッチリ軌道に乗りました。
テイエム、ケイアイの創り出すペースにも戸惑うことなく、3角から進出。
直線では一頭だけ異次元の走りをしていました。
武豊が全兄ブラックタイドで引き出せなかった”ギア”(笑)を早くも引き出したようです。

2着はテイエムとハナ争いを演じた同厩のケイアイヘネシー
やはり今日のような展開で強みを発揮するようです。
強力な逃げ馬のいるレースを狙って出走すれば、自ずと結果は付いてきそうな気がします。

3着はインプレッションでした。
ケイアイと同じく展開が向いていたものの、位置取りが後ろ過ぎました。
もう少し相性の良いジョッキーに替われば、もっと良い結果が残せると思います。

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 16:59| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かささぎ賞の結果

1回小倉1日目10R
かささぎ賞 (500万下)
(特指) 芝1200m
1着   1   マイネルアルビオン 和田  (美浦)畠山吉 1:08.3 2人
2着 ◎17   エイシンラブソング 野元  (栗東)梅内   ハナ  1人
3着  10 (父)ビッグホワイト   藤岡  (栗東)中尾正 1 3/4 7人


1着はマイネルラヴ産駒のマイネルアルビオン
黒松賞の内容から少し控えめの評価をしていましたが、前走クリスマスローズS3着は伊達ではありませんでした。
また、マイネルラヴ産駒はやはり開幕週の馬場や高速馬場で力を発揮するようです。

前走に続き、2走目のここでも内容の濃いレースをしたエイシンラブソング
今日の菜の花賞を制したエイシンテンダーの姪なんですね。
次走も当然、勝ち負けでしょう。

3着はビッグホワイト
距離短縮、小回りでフジキセキ×Danzigのスピードが活かせたようです。
広いコースに戻った時、人気しているようなら危険かもしれませんね。

blog Ranking
posted by 恐れ入ります at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菜の花賞の結果

1回中山7日目9R
菜の花賞 (オープン)
(特指)(混)牝馬 芝1200m
1着   5 (父)エイシンテンダー  横山典 (栗東)武邦  1:08.6 4人
2着 ◎ 2   ペニーホイッスル  柴田善 (美浦)松山  1 1/4 1人
3着   4 (父)シャドウムーン   バルジ (美浦)田中清  4  8人


1着は何と昨年9月以来の2戦目となったエイシンテンダー
デビュー戦とは違い、後方からの差しきりで進境を見せました。
また横山典ジョッキーの好騎乗でした。

ダントツの1番人気に推されながら2着となってしまったペニーホイッスル
直線に向いた時の手応えが抜群に良かっただけに、残念な結果です。
これで今後のローテが少し厳しくなりました。

3着はシャドウムーン
芝戻り、牝馬限定戦で少し盛り返しました。

blog Ranking
今後も限定戦なら楽しめそうです。
posted by 恐れ入ります at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。