2004年10月30日

萩ステークス

4回京都7日目9R 芝1800m(外)
萩ステークス
(特指)(混) オープン 別定

◎ 1   ヴァーミリアン   55.0 牡 武豊  (栗東)石坂
△ 2 (市)スズカフォイル   54.0 牝 安藤勝 (栗東)橋田
▲ 3 (父)コマノハイ      55.0 牡 池添  (栗東)鮫島
  4 (外)セイウンビバーチェ 55.0 牡 本田  (栗東)田所秀
  5 (父)ビッグファントム  55.0 牡 武幸  (栗東)中尾秀
○ 6 (父)リードオフマン   55.0 牡 福永  (栗東)福永
  7   プラントボーイ   55.0 牡 後藤浩 (栗東)川村
  8   テイエムヒットベ  55.0 牡 熊沢  (栗東)五十嵐


圧巻のデビューだったヴァーミリアンが今回も勝機です。
前々で運べるスピード、強烈な決め脚。
ここではレベルが違う気がします。

強烈な末脚ならリードオフマンも負けてはいません。
確かに超スローな流れの中での33.9ですが、京都の外回りで威力を増すことは間違いありません。

前走はハイペースに泣かされたコマノハイ
スローペースで改めて期待したいです。

ススカフォイルは大跳びなだけに外回りが魅力です。
posted by 恐れ入ります at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

かえで賞の結果

4回京都6日目8R
かえで賞 芝1400m(内)
(特指)(混) 500万下

1着  3(市)エーティーホーオー 幸   (栗東)湯窪   1:22.8 6人
2着  7(市)ウォーターダッシュ 吉田豊 (栗東)鹿戸幸   1  10人
3着○15   ツルマルオトメ   安藤勝 (栗東)坂口則  2 1/2 2人
4着  8(父)デンコウタービン  小牧太 (栗東)鶴留    1/2  8人
5着  5   エイシンラージヒル 武豊  (栗東)中尾秀  クビ   4人
posted by 恐れ入ります at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かえで賞

4回京都6日目8R
かえで賞 芝1400m(内)
(特指)(混) 500万下

  1     プラントボーイ   55.0 牡 和田  (栗東)川村
▲ 2     ビッグタイガー   55.0 牡 武幸  (栗東)中尾正
  3   (市)エーティーホーオー 55.0 牡 幸   (栗東)湯窪
  4   (父)マルシゲセルシオ  55.0 牡 安田  (栗東)安田伊
  5     エイシンラージヒル 55.0 牡 武豊  (栗東)中尾秀
◎ 6     ニホンピロザプラウ 55.0 牡 熊沢  (栗東)田所秀
  7   (市)ウォーターダッシュ 55.0 牡 吉田豊 (栗東)鹿戸幸
  8   (父)デンコウタービン  55.0 牡 小牧太 (栗東)鶴留
  9   (市)アグネスジェダイ  55.0 牡 横山典 (栗東)森
 10[地](市)ハートランドロバリ 55.0 牡 田中学 (西脇)岡田利
 11(市)[地]カントウブリッツ  55.0 牡 岩田  (西脇)坂井光
△12   (市)トーセンマエストロ 55.0 牡 池添  (栗東)飯田雄
 13   (外)エイシンボストン  55.0 牡 福永  (栗東)瀬戸口
 14     エイシンリトルオー 55.0 牡 五十冬 (栗東)野元
○15     ツルマルオトメ   54.0 牝 安藤勝 (栗東)坂口則


前走はゴール目前で勝利を逃した、ニホンピロザプラウ
先週のデイリー杯ではなく、万全を期してココにまわってきました。
内回りならスピードを存分に活かせるはずです。

小倉2歳ステークスでは6着に敗れたツルマルオトメ
無理に抑えず先団に付ければ、マイネルレコルトに食い下がった前々走のような競馬ができそうです。

早い流れで台頭してきそうなのがビッグタイガーです。
前がバテた所で後方一気の可能性をひめています。
目の外傷で休養していましたが、乗込みは十分。
差し切りまでありと見ます。

差のない競馬を続け、前走でようやく初勝利を挙げたトーセンマエストロ
今回は相手が揃いましたが、相手なりに走る気がします。
posted by 恐れ入ります at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いちょうステークスの結果

4回東京5日目9R
いちょうステークス 芝1600m
(特指)(混) オープン 別定

1着 ▲7 (父)ニシノドコマデモ  横山典 (美浦)萱野   1:35.6 5人
2着 ◎6 (父)スムースバリトン  蛯名  (美浦)国枝   クビ  3人
3着 ○8   キングストレイル  岡部幸 (美浦)藤沢和  ハナ  1人
4着   1 (外)エイシンサリヴァン 吉田豊 (美浦)大久洋  1 1/4 4人
5着 △3    インプレッション  武豊  (栗東)沖     2 1/2 2人


勝ったのはキングヘイロー産駒のニシノドコマデモでした。
2着はスペシャルウィーク産駒のスムースバリトン
セイウンスカイの半妹とキングヘイローの仔がスペシャルウィーク産駒を負かすという面白いレースでした。

ニシノドコマデモは期待通りの変り身を見せてくれました。
少々不器用なところがあるようで、東京コースで本領を発揮できたようです。

スムースバリトンは位置取りが前過ぎた感があるものの、キングストレイルに詰め寄られてから差し返すような根性が垣間見れました。
再度後方からのレースで期待したいです。

3着のキングストレイルは前走同様に詰めの甘さが目立ちました。
流れの早いレースでどう対応するか、次走以降に注目です。

4着エイシンサリヴァンは前走が不良馬場だったので、まだ未知の部分が多いです。
ただハッキリしたのは、今回の運び方では通用しなかったという事でしょうか。

5着のインプレッションもキングストレイル同様、早い流れのレースで変り身に期待したいです。
posted by 恐れ入ります at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

いちょうステークス

4回東京5日目9R
いちょうステークス 芝1600m
(特指)(混) オープン 別定

  1    (外)エイシンサリヴァン 55.0 吉田豊 (美浦)大久洋
△2    (市)グランプリペガサス 55.0 後藤浩 (栗東)田所秀
△3      インプレッション  55.0 武豊  (栗東)沖
  4    [地]バスケットシューズ 55.0 五十冬 (北海)堂山
  5 (父)(市)シャコーサクセス  55.0 柴田善 (美浦)勢司
◎6    (父)スムースバリトン  55.0 蛯名  (美浦)国枝
▲7    (父)ニシノドコマデモ  55.0 横山典 (美浦)萱野
○8      キングストレイル  55.0 岡部幸 (美浦)藤沢和
  9    (地)オーソレミオ     55.0 北村宏 (美浦)小桧山


北海道組か新潟組か、はたまた秋のデビュー組か。
そういった力関係を読むのが難しい一戦となりそうです。

エイシンサリヴァンはデビュー戦、不良馬場で豪快に差し切りました。
この馬は力関係云々よりも、軽い馬場でのヨーイドンが鍵になりそうです。

緒戦を快勝するも、北海道で苦汁を舐めてきたグランプリペガサス
しかしどのレースも深い芝での厳しい流れでしたので、
東京コースでゆったり走れれば変り身は十分ありそうです。
直前の動きも良し。

阪神組からはインプレッションが参戦。
前走は味のある勝ち方でした。
しかしもう少し終いの時計が欲しかったというのが正直なところです。

実績・時計で中心視したいのがスムースバリトンです。
福島のデビュー戦は巧く脚を使えませんでしたが、新潟で素質開花。
東京コースなら同様の走りが期待でき、展開にも恵まれた気がします。

北海道で善戦を続けてきたニシノドコマデモも変り身は十分です。
グランプリと同様、軽い芝・スローで本領を発揮できるでしょうか。

キングストレイルは札幌でいきなり素質を見せ付けてきました。
今回は単騎で行けそうで、前走以上の走りが期待できます。
posted by 恐れ入ります at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牡馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

デイリー杯2歳ステークス結果

4回京都3日目11R
デイリー杯2歳ステークス(GII) 芝1600m(外)
(混)(指) オープン 馬齢

 1着   14   ペールギュント    55.0 牡 小牧太 (栗東)橋口   1:34.3 9人
2着 ▲  1   ライラプス       54.0 牝 松永  (栗東)松田国   1  3人
3着   10   シルクタイガー    55.0 牡 本田   (栗東)昆      クビ 7人
4着 ◎  5(外)エイシンヴァイデン 55.0 牡 福永  (栗東)瀬戸口  ハナ 1人
5着 △  4   ショウナンパントル 54.0 牝 吉田豊 (美浦)大久洋 アタマ 2人


勝ったのはサンデーサイレンス産駒のペールギュント
休み前は母や兄姉たち程ではないのですが、頭の高い走法でした。
しかし放牧明けの今回はグッと沈み込むような走りで、一夏を越して大きく成長したようです。
また流れに乗りやすい展開だったので、掛かる事無く追走できたのではないでしょうか。

2着に敗れたライラプスですが、こちらも巧く流れに乗ってレースを運べたようです。
牡馬相手によく頑張りました。
この距離なら牝馬ではトップクラスという事を早くも見せ付けました。

3着には内から伸びたシルクタイガーが入りました。
京都のコーナーを巧みに回ってきたセンスは今後も注目です。

1番人気のエイシンヴァイデンはまさかの4着。
逃げるエムティーエアーに競りかけるような形になってしまったのが敗因ではないでしょうか。
もう少し控えても良かった気がします。

5着のショウナンパントルもまだまだ見限れません。
スローになりそうなレースで改めて狙いたい1頭です。

函館2歳S以来のオーヴェールは7着。
いまひとつ敗因は掴めませんが、軽い芝だった事も1つの理由ではないでしょうか。
posted by 恐れ入ります at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月16日

デイリー杯2歳ステークス

4回京都3日目11R
デイリー杯2歳ステークス(GII) 芝1600m(外)
(混)(指) オープン 馬齢

▲  1     ライラプス       54.0 牝 松永  (栗東)松田国
   2     シックスセンス    55.0 牡 四位  (栗東)長浜
   3   (市)エムティーエアー    55.0 牡 幸    (栗東)湯窪
△  4     ショウナンパントル 54.0 牝 吉田豊 (美浦)大久洋
◎  5   (外)エイシンヴァイデン 55.0 牡 福永  (栗東)瀬戸口
△  6   (父)ニホンピロブレイブ 55.0 牡 熊沢  (栗東)大橋
   7   (父)ビッグサウンド    55.0 牡 武幸  (栗東)中尾正
○  8   (外)オーヴェール      55.0 牡 池添  (栗東)浅見
   9   (市)ハギノグラッド    55.0 牡 和田  (栗東)南井
  10     シルクタイガー    55.0 牡 本田   (栗東)昆
  11     プライドキム     55.0 牡 松田  (栗東)池添
△ 12   (父)ピサノランゲ      55.0 牡 高橋亮 (栗東)田所秀
  13     アドマイヤムサシ   55.0 牡 武豊  (栗東)橋田
  14     ペールギュント    55.0 牡 小牧太 (栗東)橋口


前走楽勝だったエイシンヴァイデンがここでも中心。
どんな展開にも対応できるので、大きく崩れることは無いはずです。

新馬戦でそのエイシンヴァイデンとクビ差の2着だったオーヴェール
未勝利の身でラベンダー賞を勝つなど能力ではエイシンにひけは取りません。
距離が延びても折り合いを欠くタイプで無さそうなだけにチャンスは十分です。

新馬戦で鮮やかな勝ちっぷりだったライラプス
こちらも能力は目を見張るモノがあります。
軽めの調教が気になりますが、能力は通用しそうです。

ショウナンパントルは新潟2歳S2着からの参戦。
早くからここを目標にし、調整されてきました。
たしかにデビュー以来その素質を発揮していますが、流れが速くなるとどうでしょうか。

ペースが速くなるようなら、ニホンピロブレイブピサノランゲの台頭もありそうです。
posted by 恐れ入ります at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

エーデルワイス賞の結果

10月13日 門別10R
エーデルワイス賞(GV) ダ1200m
牝馬 オープン 馬齢

 1着 ○13 カシマフラワー   53.0 松永幹 1:14:8 1人
2着 △12 ラヴフルーヴ     53.0 武豊    6   4人
3着 △15 ヨウヨウ       53.0 岡島玉  2 1/2  13人
4着   10 スプリットメイド  53.0 千葉津   1/2  8人
5着   9 アブソルートダンス 53.0 服部茂 アタマ 7人
 …
11着 ▲ 2 ピースオブラヴ   53.0 坂下秀       6人
 …
14着 ◎ 6 トシオジジアン   53.0 五十冬       2人

posted by 恐れ入ります at 00:34| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

エーデルワイス賞

10月13日 門別10R
エーデルワイス賞(GV) ダ1200m
牝馬 オープン 馬齢

  1 カゴヤコスモス   53.0 齋藤正 (北海)林和弘
▲ 2 ピースオブラヴ   53.0 坂下秀 (北海)原孝明
  3 ジェベルリーヴァ  53.0 小林俊 (岩手)志村文
  4 オリオンザヴィアン 53.0 櫻井拓 (北海)田部和
  5 ナア          53.0 井上俊 (北海)松本隆
◎ 6 トシオジジアン   53.0 五十冬 (栗東)鮫島一
  7 クラビッグレディ  53.0 小嶋久 (北海)堂山芳
  8 ケイアイキャニオン 53.0 石崎隆 (大井)赤嶺本
  9 アブソルートダンス 53.0 服部茂 (北海)角川秀
 10 スプリットメイド  53.0 千葉津 (北海)田部和
 11 クラキングレディ  53.0 宮崎光 (北海)須藤三
△12 ラヴフルーヴ     53.0 武豊  (美浦)根本康
○13 カシマフラワー   53.0 松永幹 (美浦)高市圭
 14 ビーフレグラント  53.0 小国博 (北海)堂山芳
△15 ヨウヨウ       53.0 岡島玉 (北海)米川昇
 16 コスミックレディ  53.0 佐々国 (美浦)相沢郁


新馬戦の勝ちっぷりが上々だったトシオジジアン
ここならスピードは最上位ではないでしょうか。
いきなりチャンス到来です。

カシマフラワーはデビュー以来、全て3着以内。
それも牡馬の一線級と戦ってのもので、相当な能力を秘めているようです。
今回が初ダートとなりますがどうでしょうか。

前走そのカシマフラワーに敗れたピースオブラヴですが、ダートに戻れば逆転も可能でしょう。
改めて期待したい1頭です。

先団に上手く取り付ければラヴフルーヴも怖い1頭ではないでしょうか。
初勝利を挙げた時の武豊騎手と再度コンビです。

ヨウヨウは馬場が渋れば、前走のようなレースが期待されます。
外枠になってしまったのが不安ですが、当日の馬場には注目です。
posted by 恐れ入ります at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サフラン賞の登録馬

4回東京4日目9R
サフラン賞 芝1400m
(混)(特指)牝馬 500万下

     イエローパピヨン   54.0 吉田豊 (美浦)小西
     エイシンサンバレー 54.0      (美浦)畠山吉
(父)(市)エイワジョリー    54.0 石神  (美浦)菊川
     ケージーカチドキ   54.0      (美浦)前田
   (父)ジャズファンク    54.0 村田  (美浦)沢
   (父)タイニーウイナー   54.0 松永  (美浦)清水利
   (地)ナチュラルメイク   54.0 中舘  (美浦)加藤征
     フェリシア       54.0      (美浦)上原
(父)[地]ミチヲアケテ     54.0 石神  (水沢)石川
   (地)フレンチムード    54.0      (美浦)杉浦
   (父)リヴァプール     54.0      (栗東)田島
   (外)リブレメンテ     54.0 岡部幸 (美浦)鈴木伸
     リメンバードリーム 54.0 木幡  (美浦)矢野進
     リンガスゲーム    54.0      (美浦)境征
   [地]ワンピース       54.0 森   (足利)佐藤裕
posted by 恐れ入ります at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デイリー杯2歳ステークスの登録馬

4回京都3日目11R
デイリー杯2歳ステークス(GII) 芝1600m(外)
(混)(指) オープン 馬齢

     アドマイヤムサシ   55.0 牡 武豊  (栗東)橋田
   (外)エイシンヴァイデン 55.0 牡 福永  (栗東)瀬戸口
   (市)エムティーエアー    55.0 牡      (栗東)湯窪
   (外)オーヴェール      55.0 牡 池添  (栗東)浅見
     シックスセンス    55.0 牡 四位  (栗東)長浜
(父)(市)シャコーサクセス   55.0 牡      (美浦)勢司
     ショウナンパントル 54.0 牝 吉田豊 (美浦)大久洋
     シルクタイガー    55.0 牡      (栗東)昆
   (父)シルクトゥルーパー 55.0 牡 赤木  (栗東)大久正
     ニホンピロザプラウ 55.0 牡 熊沢  (栗東)田所秀
   (父)ニホンピロブレイブ 55.0 牡 熊沢  (栗東)大橋
   (市)ハギノグラッド    55.0 牡 和田  (栗東)南井
   (父)ピサノランゲ      55.0 牡 和田  (栗東)田所秀
   (父)ビッグサウンド    55.0 牡 武幸  (栗東)中尾正
     プライドキム     55.0 牡 松田  (栗東)池添
     ペールギュント    55.0 牡 小牧太 (栗東)橋口
     ライラプス       54.0 牝 松永  (栗東)松田国


posted by 恐れ入ります at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラタナス賞の結果

4回東京1日目9R
プラタナス賞 ダ1400m
(特指)(混)

 1着◎ 2   (外)エイシンアスワン  福永  1:24.7 1人
2着▲ 6     レオマジック     江田照 1 1/4 2人
3着  7  (父)メジロハンター    吉田豊 2 1/2 4人
4着  9  (市)ビリーザキッド    中舘   7  9人
5着△12     パレスワールド    田嶋翔 クビ 3人
6着○10     シベリアンライオン 後藤浩 クビ 5人


勝ったエイシンアスワンはやはり砂を被るポジションとなってしまいましたが、ジッと我慢する事ができました。
大きな収穫だったと思います。
福永騎手のゴーサインにもシッカリ反応していましたし、なかなか素直なようです。
今後は距離との戦いではないでしょうか。

レオマジックは自分の形で押し切るレースが現時点でのベストという事は今日でハッキリしました。
次走テンの速さで勝る馬がいなければ、2勝目は目前です。

番手に控える競馬で3着のメジロハンター
中山へのコース変りや距離短縮で前進可能です。

4着はビリーザキッド
やはりトワイニング産駒は7fに向いている仔が多いですね。

5着のパレスワールドは自分の展開に持っていけなかったのが全て。
しかしながら、今後も軽視は禁物です。

シベリアンライオンは自分のレースが出来ずに6着。
4角で脚を使わざるを得ない展開は厳しかったと思います。
次走、もう一度見直したいです。
posted by 恐れ入ります at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラタナス賞

4回東京1日目9R
プラタナス賞 ダ1400m
(特指)(混)

  1      セトノフレンチ     柴田善
◎ 2  (外)エイシンアスワン  福永
  3     スターペスゲンズイ 荻野
  4  [地]モエレライジング  北村宏
  5  [地]レッドジャスパー  内田利
▲ 6     レオマジック     江田照
  7  (父)メジロハンター    吉田豊
  8  (地)オリオンザラングン 田中勝
  9  (市)ビリーザキッド    中舘
○10     シベリアンライオン 後藤浩
 11  (市)ウォーターダッシュ 勝浦
△12     パレスワールド    田嶋翔



2歳ダート路線は新馬・未勝利が多いのに、なぜ500万下のレースが少なかったりオープン競争が無かったりするのでしょうか。
JRAのお偉い様、ぜひ素質馬の為に檜舞台を創ってあげて下さい。

それでこのレースが2つ目の500万下になるのですがここを目標に駒を進めてきた陣営が多いようで、なかなかの好メンバーです。

現時点で断然の1.2倍で1番人気のエイシンアスワンは、前走太目ながらも後続を引き離して快勝。
従兄弟のカイトヒルウインドと同様に高いダート適性を備えているようです。
今回のレースで前走は見られなかったようなパフォーマンスを魅せてくれる"裏付"を持っています。
ただ今回は前に行きたい馬が多いので、砂を被って嫌気が差さないかが心配です。

レオマジックは前走のようにスピード任せで行ってしまうのが真骨頂でしょうか。
緒戦で敗れたメジロハンターとの再戦になりますが、今回はコチラの方が上位に来ると私は思っています。

シベリアンライオンも太目残りのデビュー戦を快勝してきました。
スピード色の濃い配合ですが、この1f延長が吉と出るか凶と出るか。
しかしセンスの良さはここでも上位なので楽しみです。

新潟の芝でのデビュー戦以来となるパレスワールド
緒戦は逃げて力強く粘るという、内容の濃いレースでした。
血統背景からもダートでの変り身があるはずで、上位争いに絡んでくるのではないでしょうか。
posted by 恐れ入ります at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | '04-'05ダート戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

りんどう賞の結果

4回京都2日目9R
りんどう賞 芝1400m(内)
(特指)(混)牝馬

 1着◎ 1   (父)モンローブロンド  佐藤哲 1:22.9 2人
2着  4   (市)エイシンハッピー  武豊   1 3/4 1人
3着▲ 5(父)(市)コスモキララ     武幸   1 1/4 4人
4着△ 6      ネヴァーピリオド  福永   クビ  7人
5着○ 8      プリンセスゴールド 後藤浩  1 3/4 3人
 …
8着△10   (外)シルキーオメガ    池添       5人
 …
10着★ 3   [地]ベンテンリュウコー 柴山       8人



このレースでクラシックへ一歩近付いたのは、2番人気のモンローブロンド
ゲートを決め好スタートを切ると前走同様に中団のウチ目で追走し、直線を向くと弾けるような伸び脚でした。
前走のようにヨレヨレではなく行儀の良いレース内容でした。
今日の内容を見る限りは折り合いに難のある馬ではなさそうで、マイル戦でも大丈夫そうです。

2着に入ったのは、1番人気のエイシンハッピー
最後までバテずに伸びたのが印象的です。
末脚勝負になると苦しいですが、我慢勝負の展開なら今後も面白そうです。

コスモキララは馬場が良過ぎたせいか3着止まり。
開幕週で少し厳しかったでしょうか。馬場が少し荒れてきそうな次開催あたりで巻き返して欲しいです。

4着ネヴァーピリオドは成長途上の現時点で、良くやったという感じです。
また少し忙しかった気がします。

プリンセスゴールドもコスモと同様に、開幕馬場に泣いた感があります。

シルキーオメガは早い展開に戸惑ったのか、8着。
もう一度スローで見直したい1頭です。
人気を落とすようなら積極的に狙っていってはどうでしょうか。
posted by 恐れ入ります at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

りんどう賞

4回京都2日目9R
りんどう賞 芝1400m(内)
(特指)(混)牝馬

◎ 1   (父)モンローブロンド  佐藤哲
  2   (地)マルシゲシーキング 柴原
★ 3   [地]ベンテンリュウコー 柴山
  4   (市)エイシンハッピー  武豊
▲ 5(父)(市)コスモキララ     武幸
△ 6      ネヴァーピリオド  福永
  7      コスモプロムナード 赤木
○ 8      プリンセスゴールド 後藤浩
  9(父)(市)パノラマビューティ 小牧太
△10   (外)シルキーオメガ    池添
  11(父)[地]ペアーネオ       岡部誠



暮れの阪神JF、来春の桜花賞に向けての戦いがいよいよ始まります。
今年は例年のこのレースに比べ、かなりメンバーが揃った感じ。

現時点ではモンローブロンドの人気が抜けているようです。
やはりデビュー戦でのインパクトは私だけでなく多くの人にとって大きかったようで、実力は1枚抜けています。
高速馬場だった今年の小倉でレコード勝ち、メンバー中唯一のレコードホルダーもあります。

続く2番人気はプリンセスゴールド
小倉快勝後は札幌で敗れましたが、京都の軽い芝で巻き返しを図ります。
2戦とも出遅れていますが、今回はすんなりゲートから出れるでしょうか。注目です。

同じく北海道から転戦し、前走は阪神で牡馬相手に3着したコスモキララも面白い存在です。
今回はあまり折り合いを気にせず走れそうで、豊富なキャリアを活かせるでしょうか。

休み明け2走目のパノラマビューティはまだ調子が上がってこない模様です。
さて今回はどうでしょうか。

エイシンハッピーは阪神→小倉→新潟とかなりタフです。
前走はヨーイドンで力を出し切れませんでしたが、今回は早い展開になりそうで出番があるかもしれません。

シルキーオメガは未勝利の身での出走です。
しかし前走負かしたピカレスクコートが9日の未勝利戦を圧勝しており、この馬を軽視し過ぎると痛い目に逢うかもしれません。

公営からは2頭出走しますが、中でも笠松のベンテンリュウコーが面白い存在です。
母ライデンリーダーは笠松在籍ながら中央のレースに参戦し、桜花賞・オークスともに1番人気に推された実力馬でした。
それだけでなく父が高速馬場に適性を示しつつあるマイネルラヴで、ひょっとするかもしれませんね。
ここを勝って母の果たせなかった夢に向う事が出来るでしょうか。
そういう意味でも注目の1頭です。



posted by 恐れ入ります at 00:01| Comment(1) | TrackBack(0) | '04-'05牝馬クラシック戦線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

関係者へのお詫び

昨日まで当歳・1歳の紹介という趣旨で記事を書いていくつもりでした。

それを今朝、POG仲間・GEN氏の運営しているClosed POGでこのブログを指摘してもらった事で冷静にここを見つめ直すに至りました。
私自身はPOGサイトとしてスタートさせる気はなく、あくまで血統をという切り口でブログを運営する”つもり”でした。決して仲間内のPOGを軽んじていたり、駆け引きに使おうという魂胆が無かった事だけ前置きしておきます。

しかしその当歳馬・1歳馬も冷静に考えれば2歳馬、つまりPOGの対象に成長する訳です。ここで紹介すればやはりPOG仲間の目にも留まりますし、GEN氏のいうPOGの醍醐味である”ドラフト”にも影響を与えかねません。うちわでPOGをやる以上、その当歳・1歳を扱うのはアンフェアな事であるに間違いありません。
さらに軽率だったのがClosed POGをMy blog Listに登録してしまった事です。どこかでひっそりとやっていて自分だと後で判明したのなら未だしも、自らここを知らせるような行為だったのを反省しなければなりません。

これらの軽はずみな、そして行き過ぎた行動をこの場をもって深くお詫びいたします。



今後このブログで当歳・1歳を扱う事は一切しません。

今回の反省を踏まえて”2歳戦から菊花賞まで”を出来るだけ私情を介さずに且つ解かりやすく書いていくことで新たな船出とさせて戴きたいと思います。
posted by 恐れ入ります at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | blog concept | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。